Skyrimアップデート、承認クリエイタープログラム開始へ

承認クリエイタープログラム 1

本日久々にSkyrimのアップデートファイルが配信され、「承認クリエイタープログラム」なるものが始まりました。

有料販売

ゲームを起動させるとこれまであったMODとCreation Clubのページが廃止されて新たに「Creation」というページに統合、そしてここにて「承認クリエイタープログラム」のコンテンツが販売されるという形になりましたね。

承認クリエイタープログラム 2

作成者の名前の横にチェックマークが付いているものがベセスダに承認されたコンテンツ、のようですな。

今回の承認クリエイタープログラムについては昨年末の段階で噂が出ており、そのときは「マイクラのようにマーケットプレイス経由になるのではないか?」と噂になってました。

コーヒーブレイク

Skyrimにさらなる有料MODが出る可能性?

2022年12月30日

今回のアップデートではマーケットプレイスという単語は出ていないのであくまでベセスダ独自のストアに落ち着いたんでしょうかね。なおコンテンツの購入には専用のクレジットが必要なようで、旧Creation Clubや76のアトムポイントのようにまずは各プラットフォームのストアで専用のクレジットを購入する必要があるようです。

承認クリエイタープログラム 4

ゲームパスユーザー向けには割引価格となっています。

この記事を書いている12月6日の6時の段階では、北米向けには専用のクレジットが販売されていますが、日本においては確認できていません。

12月14日から日本でも販売が始まりました。

また今回のアップデートで「Kinggath Creations」というスタジオが早速「East Empire Expansion」というコンテンツを販売しています。Expansion、つまり拡張という意味ですが、説明を読むと「東帝都社がスカイリムの9つのホールドに拡大するのを手伝ってください。彼らは、自動アイテム販売やルート配達などの強力なサービスと引き換えに提供できるので、冒険の楽しい部分に集中できます」とあり、文字通りゲームの内容が拡張というか何らかのシステムが強化されるようです。

またこのKinggath Creationsのサイトには、以下のように書かれています。

We are a team of creatives from the group who published Fallout 4‘s acclaimed mod series Sim Settlements. Through the Bethesda Verified Creators Program, we are committed to delivering high-quality content for PC and Xbox.

私たちは、Fallout 4の絶賛されたモッドシリーズSim Settlementsを出版したグループのクリエイティブのチームです。Bethesda Verified Creators Programを通じて、PCとXbox用の高品質のコンテンツを提供することにコミットしています。

とのことで、Fallout 4の拡張MOD「Sim Settlements」を作ってきたクリエイターたちが立ち上げたスタジオだそうです。

Sim Settlements 2_1

Xbox One版Fallout 4 MOD「Sim Settlements 2」

2020年11月12日

Sim Settlementsは独自で音声収録をしたり、居住地クラフトが自動化されたりするなどかなり大掛かりで面白いMODでしたね。それだけにSkyrimでもシステムの拡張・強化が行われるコンテンツというのは面白そうです。

なお承認クリエイタープログラムについては、ベセスダの公式サイトの紹介ページにて、以下のようなQ&Aが書かれています。

Q)Creationsはどのプラットフォームで利用できますか?

A)Creations は現在、PC 版 Skyrim Special Edition および Skyrim Anniversary Edition を Microsoft Store、Steam、Epic Games Store 経由で入手できるほか、Xbox Series X|S、Xbox One、Xbox One X|S、PlayStation 4、PlayStation 5 でも入手可能です。

注:PlayStationプラットフォーム向けにリリースされたすべての作品には、ソニーのコンテンツ制限により、外部アセットを含めることはできません。

つまり現時点ではSwitch版はサービス対象外となっているようです。

承認クリエイタープログラム 3

それとAEで追加された旧Creation Clubのデータについてはアップデートがかかっていますので、Creationのオプションメニューよりアップデートしておいてください。翻訳ファイルやバグがいくつか修正されています(パッチノート)。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

13 件のコメント

  • 結構使い勝手が変わりましたね。慣れるまで大変そうです。
    ちなみに日本版スカイリムで遊んでいますが、北米版フォールアウト4で購入したクリエイションポイントがこちらにも反映されています、ひょっとして日本版フォールアウト4もCC対応アップデートに期待していいんでしょうかね?

    • 操作方法がガラッと変わって、僕も最初戸惑いました。仕切り直しという感じの変更ですね。
      Falloutの方も同じようにアップデートをかけるんじゃないかなぁとは思ってます。

  • CS版もPC版も今回のアプデで凄まじいことになってるみたいですね
    CS版はCreationのページを開くとエラー落ちしたり、PCは使えないModが連発するなど、まさに阿鼻叫喚といったところ…
    大人しく触らないほうがいいかもしれません

  • ゲーム内のクリエイションからWIPの項目が消えています…
    WIPにあった日本語入力が出来るようになるMOD気に入ってたのに、検索しても、PCからライブラリーに入れても表示されない、困ったな。他に同じ事ができるMODありませんかね?

  • XBOX版は自動アプデオンにしてたので、比較のためにPS版はアプデせずやってみましたが、ログインできないので結局アプデは拒否できないようです…

  • ストア覗いたら、いつの間にかCCクレジット売ってました。
    ただ、今のところ欲しいコンテンツがないんですよね、承認クリエイター系は全部英語でしょうし…

  • 承認クリエイターコンテンツの扱いはどうなっているんですかね。CC系と同じくバニラ扱いなのか、それともMOD系として扱われて実績に影響するんでしょうか?
    コンテンツのサイズも気になりますね。もうMOD容量に余裕がないので…

  • FO4のアップデートは来年に延期になったようですね。
    日本版はCC対応だけでも、早くアップデートして欲しいのですけどね…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です