Fallout 76 ツーショット射速ウルサイガトレザを手に入れたマン

ツーショット射速ウルサイガトレザ 1

シーズン9が始まって1週目が終わりますが、僕はと言いますとランク33まで上げて、ようやく1/3が終わったというところです。そんな中、ツーショット射速のウルトラサイトガトリングレーザーを手に入れたので装備を更新してみました。

チャージバレル

ウルサイガトレザといえば最初はクッソ弱かったものの、のちのアップデートでエネルギー耐性に対しアーマー貫通が効くようになり強化された…みたいな経緯がある武器でしたっけ。そのせいもあってか今はわりと使っている人を見る武器、という印象があります。レーザーがバスクリンみたいな色で綺麗でいいですよねw

ツーショット射速ウルサイガトレザ 2

メインキャラの方でレジェンダリーモジュールが半端に余っていたので、なんとなしに狂戦士ウルサイガトレザに上書きでガチャってみたところ、ツーショット射速クリメーターアップが出ちゃいました。まぁクリメーターはヘビーガンだと役立たずかなぁって感じではありますが、ツーショット射速のガトレザはチャージバレル運用にピッタリとのことだったので、エネルギー系のヘビーガン使いでもあるサブ垢キャラに渡しました。

ツーショット射速ウルサイガトレザ 3

改造の構成はプライムレシーバーにトゥルーチャージバレルのみですね。チャージバレルはノーマルのチャージバレル、安定化チャージバレル、アラインチャージバレルなんかもありますが、全部試してみたところ自分としてはどれもそれほど変わらないような気がしたので、とりあえず腰だめ時の命中精度を大きく改善するトゥルーにしておきました。でも正直なところバレルはどれが正解なのかよく分かりません^_^;そもそもガトレザ自体ファイアレートのわりにそれほど反動が大きくないし、ツーショットでも制御が難しくないのでほとんど誤差の範囲かなぁ。

この構成でダメージが112となり、ウエストテックのスパミュ共に撃ち込んでみたところ、HP満タン胴撃ちで1発70ほど、副腎を効かせると110とかいってました。射速効果でいい具合にチャージバレルの遅さをカバーできてますし、Power Userで1コア1000発撃てることを考えるとコスパもいい。う〜ん、これからはこいつをメイン武器にするのも悪くはないな、と。

というのもサブ垢キャラはこれまでザコ戦においては扇動射速のプラズマキャスターを使っていたのですが、これ強力なんですけど、V.A.T.S.運用じゃないと当てにくいし、でもそれだとAP消費効果がないとちょっと厳しいし、と、他の武器に移るかどうか迷っていたんですよねぇ〜。そこにツーショット射速のウルサイガトレザが現れた…これも何かの縁ですかねw

まぁとりあえず明日からはツーショット射速ウルサイガトレザを試験運用し、どっちを使っていくか決めようと思います。本格運用するとなったらサブ垢キャラのPerk構成を見直す必要があるかな…。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。