Xbox発売20周年、FPSブースト大量追加!そしてTES6はMS独占へ

Fallout3 タイトル画面

本日Xbox20周年の記念イベントが行われましたが、このタイミングで久々にFPSブースト対応タイトルが大量に追加されましたね。

懐かしのあのゲームが60fpsに

今回FPSブーストの対象となったのはFallout 3、NV、オブリビオンなどベセスダのXbox360時代のタイトルのほか、意外にもFF13-2、FF13LRなんかも対象になっています。スクエニタイトルがFPSブーストというのは僕自身びっくりしました。ゲームパスで配信してくれないかなぁ。FF13自体は配信中なので、いずれ来るとは思いますが…。

実際に起動して試してみましたが、確かに60fpsでヌルヌルと動いてくれているのを確認できました。これ2日前に突然アップデートが入ったのでブーストくるか!?とちょっと話題にはなっていましたが、ようやく実現されてよかったです。これでXboxでは3、NV、4、76は60fpsで遊べるようになりましたな。どれもゲームパスで配信されていますし、昔のFalloutもやってみたかった、という方にはいい機会だと思います。

それとこのタイミングで「XBOXERA」という海外メディアが、TES6についてフィル・スペンサーさん(Xbox部門のボス)が独占を明言したという記事をアップしてますね。

リンク:Phil Spencer confirms that The Elder Scrolls VI will be exclusive to Xbox platforms in new interview

内容を翻訳すると、

記事タイトル:The Elder Scrolls VIがXboxプラットフォーム専用であることをフィル・スペンサー氏が新たなインタビューで明言

GQの新しいインタビューで、ブランド設立20周年を迎えたXboxの歴史について語ったスペンサー氏は、多くの人がすでに疑っていたことをほぼ認め、「The Elder Scrolls VI」がXboxの独占タイトルになることを明らかにしました

GQの記事によると、「2022年の最大のゲームと言っても過言ではない来年のStarfieldは、XboxとPCのみの発売となることが確認されている。スペンサー氏は、The Elder Scrolls VIについても同じだと考えているそうです。彼の目には、Xboxはすべての体験である。Xbox Live。Game Pass。クラウドゲーミング。フレンドリスト。保存状態。”他のプラットフォームを罰するということではなく、私は根本的にすべてのプラットフォームが成長し続けることができると信じています。しかし、Xboxに参加するためには、私たちが持っている完全なパッケージを提供できるようにしたいのです。それは、The Elder Scrolls VIを考えたときにも言えることです。”」

多くの人が、今後のBethesdaのゲームはすべて独占になると当然のように考えていましたが、これは会社のトップが確認したことに他なりません。Xboxは、75億ドルを支払って、Bethesdaのすべての新規プロジェクトをXboxのエコシステム内で独占することにしました。ベセスダの傘下で作られたゲームはそれぞれ付加価値がありますが、The Elder Scrolls VIはこの契約全体の中で最高の宝石となるかもしれません。

とのことで、TES6はMicrosoftのWindows及びXboxでの配信、ということでほぼほぼ間違いないみたいですね。流れとしてはStarfield同様、ゲームパスデイワンという形にもなるんじゃないかと思います。

もっとも、TES6がいつ出るのか具体的な日にちは分かりませんが、それでもこうしてボスであるフィルさんが言う以上はそうなのでしょう。ヘタしたらXbox Seriesの次のハードが出る時期と重なっていそうではありますが、ともかく楽しみではありますね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。