Xbox One版Fallout 4 MOD「Multiracial Workshop Actors」

Multiracial Workshop Actors1

Xbox One版Fallout 4に「Multiracial Workshop Actors」というMODが登場したので早速試してみました。

MOD説明

Multiracial Workshop Actorsは居住地にスーパーミュータント、プロテクトロン、グール、シンスなどを居住者として呼び寄せることができるようになるMODです。作者はSKK50さん。

MODの使い方ですがMOD有効化後、「Power>Misc」にあるMultiracial Recruitmentのビーコンを任意の場所に設置し、電気を通します。このとき、呼び寄せる居住者用のベッドを予めいくつか設置しておいてください(ベッドの数が足りないと機能しません)。準備ができたらビーコンの電源をONにします。

Multiracial Workshop Actors2

すると上の画像のようなメニューが表示されますので、呼び寄せたいクリーチャーを選択します。ランダムで呼び寄せられる選択もありますし、通常通り人間を呼び寄せることもできます。選択すると24時間後以降、先ほど選択されたクリーチャーが居住者としてやって来ます。

補足
呼び寄せたいクリーチャーを変更したい場合は一旦ビーコンの電源をOFFにしてまたONにすることで、再度選択肢を選べます。また24時間経過してもやってこない場合は、一旦他の居住地に行って、時間を経過させると現れるようです。
Multiracial Workshop Actors3

居住者としてやって来たクリーチャーは、人間の居住者同様居住地内で仕事を与えることができます。例えば上の画像のように、スーパーミュータントをプロビジョナーに任命すれば連邦でグラムさんを再現することもできます。もちろんクリーチャーたちとの所持アイテムの交換も可能です。

ただ自分が試した範囲では、プロビジョナーや防衛の仕事は機能するものの、店に関してはどうもうまく動作しませんでした。任命してから時間を経過させて話しかけてもアイテム交換しかできない…といった感じです。

完全にすべての仕事を任せられるわけではないっぽいですが、それでも面白いMODだと思います。スーパーミュータントだらけの居住地を作るだとか、プロテクトロンやシンスのプロビジョナーなんかを作って連邦中を歩かせるのもいいですね。ちょっと変わった居住地作りをしてみたい人にお勧めです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。