Fallout 76 あくまで生身で挑むコロッサスイベント

呪われたシャベル

CS版では昨日から始まったモノンガーでのコロッサスイベントですが、とりあえず3回挑戦して感じたことなどをつらつらと書き綴ってみます。

生身でも十分イケる

鉱山内で行われるウェンディゴ・コロッサス(アール・ウィリアムス)戦ではボスやお供の攻撃や落石といったものでダメージを受けたりするわけですが、クリーチャーからの攻撃はともかくとして落石に関しては「炎耐性を付けると余裕ができる」との情報を5ちゃんでみたので、それならばと石綿裏地を胴防具に付けて挑んでみたところ、確かにこれがあるとないとでは全然違ってきますね。

アール・ウィリアムス1

その上で念のためHPを半分ほどの状態で血濡れのコンバットライフルで攻撃をしてみましたが、ステルスが効いた状態である程度距離を取りつつヘッドショットしたときのダメージが大体70〜80、クリティカルで210〜220ぐらいって感じでした。これ確かサイコタスを使った状態だったかなぁ…あと2〜3のバフを盛れば通常ダメージで100、クリティカルで300以上とかは簡単に出そうですね。

アール・ウィリアムス2

戦い方としてはフィールド中央の制御パネル?的なものがあるところで円の動きをしつつウェンコロの視線から隠れたり出たりしてチマチマと撃ち込んでいましたところ、一度も死なずに倒せました…まぁ他のプレイヤーさんが囮になってくれていたというのもデカいんでしょうけど。でも一度もDanger状態にならなかったし、比較的に安全に戦えた気はします。

ウェンディゴ・スポーン

ウェンコロを倒したあとはパワーアーマーを装着しつつ戦利品集め。というのもお供のウェンディゴ・スポーンが「倒したときの弾薬」を落とすらしく、おかげである程度弾薬の補充ができるんですよね。早く脱出しなくていいのか?という問題ですが、実のところ脱出時間制限が切れても死ぬことなく強制的に外に出されるので、ライフルやヘビーガン使いでたくさん消費してしまった人はここで弾薬とねじの補充をした方がよっぽどいいんじゃないかと思います。

…と、こんな感じで昨日は3回ウェンコロを倒したのですが、手に入れたのは呪われた武器ばかりで設計図やガスマスクは出ずwそりゃないぜトッドさんよ。何だ、アトム課金による信仰心が足りないとでもいうのか…くそっ!

まぁしばらくはこのモノンガーでのウェンコロイベントは発生すると思うので、見かけ次第参加しようかなとは思います。でもいずれはクイーン戦に人が戻っちゃうんだろうなぁ。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。