Fallout 76 ゲームパス特典「1st 1ヶ月無料」を取得する方法

Fallout 1st

2021年10月現在、ゲームパスでは会員特典としてFallout 76 1stの1ヶ月無料券を配布中です。しかしこれは日本の会員では通常受け取ることができません。今回はこれを取得する方法をご紹介します。

日本ハブ

ゲームパスの特典は日本の会員向けにも配信されてはいますが、Fallout 76に関しては2021年10月現在は特殊な扱いで、日本からは受け取ることができません。これはXboxの日本ストアにおいて1stが未だ販売されていないことが原因と思われます(多分。日本ストアで販売されているゲームについては受け取れるため)。

なぜ日本のXbox版で販売されないのかについては、僕が以前直接ベセスダから回答をもらったものをレポートしていますので、関連記事を参照してください。

Fallout 76 プライベートワールド

Fallout 76 Xbox版の1stについてベセスダに問い合わせてみました

2021年9月29日

しかし同じゲームパス会員でありながら特典を受け取れないのは単純に損ですので、日本のゲームパス会員でも1st無料券を受け取れる方法を自分が確認した範囲でご紹介します。

この方法はあくまで2021年10月現在のものです。今後環境の変化、使用するデバイスのアップデート状況によって変化する可能性があります。また以下記事で使用しているアプリやデバイスのOSは現時点での最新版の画面で説明しています。実行する場合はすべて自己責任でお願いします。

1:海外発行のカードの準備

もうこれがいきなりの障害ですねw

現状1stの1ヶ月無料券を受け取って使うためには、Xboxの海外ストアを利用することになりますが、Xboxの海外ストアでサブスプリクションの購入もしくは受け取り承認をするためにはその国で発行されたクレジットカード/デビットカード/プリペイドカードのどれかが必要となります。

例えば米国ストアで1stを購入する場合、支払いを日本で発行されたカードで済ますことはできません。米国ストアで使うなら米国で発行されたカード、英国ストアで使うなら英国で発行されたカードが必要となります。ですので第1段階として、「海外のXboxストアで使えるカードをアカウントに登録する」ことをしなければいけません。

海外発行のカード

円をドルにするのではなく、ドルそのものを使えるカードがあると便利。

僕は海外で発行したプリベイドカードをXboxに登録してありますので、海外ストアではこれを使っています(以前もこのカードで1stを購入したことがあります)。ただ、これはかなり特殊な例というか、普通は日本で発行したカードを使う人がほとんどでしょうから、こういう手段を使う人はほとんどいないと思われます。

海外ストアで使えるカードのもう一つの手段としては、「海外のPayPalに日本のクレジットカード/デビットカードを登録する」というものがあります。この方法だと日本発行のカードでも使えますので、興味のある方はハコイチバさんの記事を読んでみてください。

2:ゲームパスアプリ側の準備

カードの準備が整ったらスマホもしくはタブレットにXboxゲームパスのアプリをダウンロードしてログインしてください。

ゲームパスアプリ1

上の画像はiOSにおけるゲームパスアプリの画面です。iOSにしろAndroidにしろ、アプリストアで「Xbox」と検索すれば無料で手に入れることができます。

ログインしたらまず画面の歯車アイコンをタップし、設定画面に移り、「アプリ設定」の中にある「言語と国や地域」の地域設定を米国にします(というか多分、日本以外のFallout 76販売国であればどこでもいいと思われます)。言語は日本語のままで大丈夫です。

するとアプリが自動的に再起動しますので、再起動後一旦終了してください。なおゲームパス特典一覧は「すべて表示」をタップすると確認できます。

3:デバイスをVPN接続する

さて先ほどインストールしたゲームパスアプリから特典を受け取るわけですが、そのままでは1st無料券を受け取ることができません。アプリ設定を米国や英国に設定したとしても、サーバー側が「日本からの接続」であることを判定すると1st無料券が表示されなくなる、という具合になっていると思われます。

では1st無料券を表示させるにはどうするのかというと、「VPNを使う」ことになります(VPNについての詳しい説明は省きます)。このVPNについては日本の筑波大学が運営しているVPN Gateを利用します。まずVPN Gateサイト内で公開されている、サーバー一覧ページにアクセスしてください。

リンク:筑波大学 VPNサーバー一覧

ここから、「日本以外の国で」「L2TP/IPsec接続可能」の条件を満たすサーバーを探します。

VPNサーバー

この記事を書いている現状で言うと、台湾のサーバーが条件に該当したのでこれを選びました。サーバーの状況はリアルタイムで変化していますので、毎回同じとは限らないので注意してください。なお選定する国は地理的に日本に近い国がいいかもしれません。試しに米国のサーバーをいくつか選んでみましたが、いずれも僕の環境ではつながりませんでした。

次にゲームパスアプリをインストールしたデバイスをVPN接続します(以下はiOSでの説明です)。まずiOSの設定アプリを起動し、「一般」の中にある「VPNとデバイス管理>VPN>VPN構成を追加」と進み、VPNの設定画面へと移ります。

VPN設定1

VPNの設定画面では、

  1. タイプは「L2TP」を選択。
  2. 説明は「vpn」を入力。
  3. サーバーは「〜.opengw.net」を入力。ここでは「kangfu.opengw.net」とした。
  4. アカウントは「vpn」を入力。
  5. シークレットは「vpn」を入力。

とし、「完了」をタップします。他の項目はいじらなくていいです。

VPN設定2

そしてVPN構成画面に戻りVPNの接続を試みるとパスワードを求められますので、画像の赤枠の欄に「vpn」と入力してください。「パスワードなんて書いちゃっていいのか?」と思われる方もいるかもしれませんが、これは「VPN Gate 公開 VPN 中継サーバーへの接続方法」という公式ページで公開されているものなので、問題はないはずです。

VPN設定3

VPNの接続に成功すると画面の右上に「VPN」のアイコンが表示されます。また用事が済んだらVPNスイッチを切るのを忘れないでください。無事VPN接続ができましたら、ゲームパスアプリの特典一覧にアクセスしてください。

4:特典を要求する

VPN接続した上でゲームパス特典を確認すると、

ゲームパスアプリ2

このようにPC版とXbox版の2つで1st無料券が表示されているはずです。あとは自分の環境にあった方を選択し、「要求する」をタップしてください。

ゲームパスアプリ3

すると特典を受け取るためのコードが表示されます。これをXboxであればストアのコード入力画面に登録、最後に承認のためのカード選択をすることで特典をゲットできます。繰り返しになりますが、Xboxの海外ストアでサブスプリクションの購入もしくは受け取り承認をするためにはその国で発行されたクレジットカード/デビットカード/プリペイドカードのどれかが必要となります。無料といえど受け取り承認のために海外ストアで使えるカードが必要である、という点に注意してください。

なおこの記事を書いている現在、ゲームパス会員向けに配信されている1st無料券は米国時間の2022年1月1日まで請求できます。受け取るにはちょっと面倒なところがありますが、今後もこういう無料特典が配信される可能性がありますので、これを機会に環境を整えてみるのもいいかもしれません。参考にしてみてください。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。