No Man’s Skyで宇宙航行 #07

No Man’s Sky1

そろそろシナリオを進めなきゃなぁ…ってことで、今回はメインミッションを進めておりました。その途中で見つけたのが、機械生命体(?)のいる、不思議な惑星。ほんとこのゲーム、次から次にいろんなものが出てきて驚かされっぱなしです。

母艦

まぁそんな中、ついに手に入れました輸送船。実のところこれに関しては厳選方法がよく分からなかったのでググってみたところ、情報を参考にしてなんとかAクラスのものを引き当てることができました。

No Man’s Sky2

しかし色が黒ってのがなー。一応あとからカラーリングの変更もできるようなんですが、変更するのに必要なアイテムを揃えるのがまた大変っていう。まぁそれはまたいずれ。

それにしてもこの輸送船…中にある程度の施設(店など)を設置できるとあって改造のしがいもあるし、格納庫に勝手に他の宇宙船が入ってきて休憩することもあるので宇宙船の厳選に使えたりと面白いですね。

No Man’s Sky3

そして輸送船にエクソクラフト転送装置的なものを作り、輸送船を星系に召喚しておけば、どの惑星でも瞬時にエクソクラフトを呼び出して乗り回せるってのが便利すぎてワロタwこれによりストームが吹き荒れても引き続き行動可能になるので、これまでより探索の効率が大幅に上がった感じですね。こりゃああるとないとじゃ全然違いますな…もっと早くに取れば良かったなぁ。

No Man’s Sky4

そんなこんなをしつつ、象形文字が刻まれたポータルを起動し、魔界の門を…ではなく、他の惑星への門を開く、と。この象形文字を使って、他のプレイヤーさんが見つけた惑星に手軽にワープできるようになるんですね。だからネット上でユニークでかっこいい宇宙船が買える惑星の象形文字とか、強くてかっこいいマルチツールが売られている惑星の象形文字とかの情報が飛び交っているというわけかぁ〜。うまくできているなぁ、このゲーム。

う〜ん、そろそろ宇宙船も買い替えたいというか、他のものに乗りたいと思っていたし、ポータル情報を調べてかっこいいやつ買いに行くのもいいかもしれないッスねぇ。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。