Cyberpunk 2077 ダメージはどこまで上がる?

Cyberpunk 2077

スナイパーマンを目指す!という目標を掲げて始めたベリーハード3周目、レベルも43まできておおよその形はできてきました。

ダメージインフレ

レベル43での能力値は以下のようになっています。

Cyberpunk 2077 スナイパービルド能力値

特に力を入れるべき能力値である3項目については反応20、技術18、意志18になりました。この中で意志については当初20にするつもりだったのですが、残りの7ポイントを肉体に振ってサイバーウェアの強化に回してもいいかな?ともちょっと考えています。まぁ少なくとも肉体は10にはする予定です。

使っている武器はネコマタ Breakthrough、アキレス WIDOW MAKER、ヌエ LA CHINGONA DORADAをレジェンダリーにして使っています。アイコニック武器をレジェンダリーにするには最低でも技術を18必要とするので、そこが辛いところではありますな。

Cyberpunk 2077 50万以上のダメージ

で、そんな状態でネコマタをチャージ+ヘッドショットで敵に命中させた場合、50万以上のダメージが出るようになりました。ちなみにこれ、サンデヴィスタンを使っていないですし、まだまだダメージをアップさせるパークは全部取りきれていないので、最終的には70万とかいきそうな気もします。多分。なんにせよインフレしすぎですねw一体このゲームのダメージ計算式はどうなっているんでしょうか。究極的には999999でカンストするのだろうか…(´-`)

2周目のクイックハック特化プレイと比べて感じるのは、スナイパービルドの方がダメージ値がモリモリ上がっていくのが目に見える分楽しいなと。クイックハックはお手軽に無双できるんですが、あまりにも簡単に(極点な話一歩も動かず)敵を複数一瞬にして倒せるのでなんだかあまりに簡単すぎるようになり、プレイが適当になっちゃうってところがありました。

スナイパー+サンデヴィスタンでやっているとクイックハックが完全に使えずダンジョン攻略のときに不便を感じることもあるにはあるものの、そこはステルスをうまくやって切り抜けるとか、サンデヴィスタンでどうにかまとめて敵の頭を撃ち抜くとか、緊張感もそこそこ保てたまま遊べるので僕はこっちの方が楽しいかなぁと感じています。それだけクイックハックって万能で強力なんだなと、クイックハック特化ビルドで遊んだからこそ感じる部分はありますね。そういう意味ではいろんな角度でこのゲームを遊んでみて正解だったなと思います。

とはいえ、普通に遊ぶ分にはサンデヴィスタンはあえて使わず、武器を2種に絞り込み、それに加えてクイックハックで様々な状況に対応できるビルド…あえて言うなら器用貧乏ビルドの方が、このゲームの標準的な、いかにもサイバーパンクというキャラに仕上がるような気もします。スナイパー特化型はダメージがすごいのは確かですが、クイックハックに振れない分やっぱり苦労も多いので、個人的にはあんまりお勧めはしないかな…。僕は好きなんですけどね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。