Sa・Ga2 秘宝伝説 毒バグ禁止RTA

Sa・Ga2 秘宝伝説 毒バグ禁止RTA

ニコニコ動画にSHILUBAさんがゲームボーイの「Sa・Ga2 秘宝伝説」RTA動画がアップされていたので見ました。

29年前!?

リンク:Sa・Ga2 秘宝伝説 毒バグ禁止RTA

タイトル画面の1990年という数字を見て軽くめまいを起こしそうになりました。いや〜昔ゲームボーイで遊んだもんなー(白目)。

その頃のスクウェアっていうと聖剣伝説なんかも超ヒットしていましたが、どちらも伊藤賢治さんが参加しており、FFとはまた違ったRPGを開発したということで隆盛した時期でもありましたな。

動画を見ていて驚いたのがこのゲームでは人数によって逃走成功の判定に大きな差が出る、ということです。僕自身このゲームをプレイしていてやけに逃走が成功するときとしないときで偏りがあるなぁとは感じていましたが、そういう仕組みがあったんスねぇ〜。ゲストNPC含めパーティー人数が増えると逃走成功率が下がってしまうというのはRTAをするとなると面倒ですな。初代サガと違って結構いろんな場面でゲストNPCが加わりますからね。それこそ最後の女神もそうですけど…子供の頃は知らなかった隠しデータを知ることができてちょっと感動ですw

ただ一方で気になったのは、レトロゲーム特有の鬼エンカですね…ちょっと歩くとすぐ敵が出現するという。今この鬼エンカ仕様でRPGやれるか?と言われたら、僕はもう無理かも。のちのロマサガのようなシンボルエンカウントであればまだいいものの(でもロマサガ1のシンボルエンカウントは鬼仕様だと思う…何度もクリアしたけどw)、少なくともこのサガ2に関しては厳しいなと感じます。動画を見てたってキツいと感じるぐらいですから。今自分でプレイしたらマジで投げそう。

まぁそんなこんなもありますがサガ2はゲームボーイ時代の名作であることは疑いなく、これからバグ技でどんなはちゃめちゃな事態が起こるのか楽しみでもあります。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。