Xbox One アクセサリー「メディアリモコン」「プレイ&チャージ」購入

まだXbox One Xが買えていないというのに、純正アクセサリー(周辺機)である「メディアリモコン」と「プレイ&チャージ」を購入してしまいました。

ここまできたら買うしかない!

本体を持ってないのに正気ですか?と言われそうではありますが、まぁそろそろ買えるだろうと信じて、あらかじめ用意しておくことにしました。どうせこの2つは買うつもりでいましたし、Xbox One Xのために4Kモニターも買っちゃったわけですから、もう後には引けないって感じもしますしね^^;

箱の中身はこんな感じ。商品はAmazonにてどちらも新品を購入しました。最初はMicrosoftの公式ストアで購入しようかと思っていたのですが、僕が見たときはプレイ&チャージが売り切れでリモコンと一緒に買えなかったので急遽Amazonに変更しました。Amazonでの価格の方が公式ストアより500円ほど安かったので、結果的にはちょっと得をした形です。

メディアリモコン

まずメディアリモコンについてですが、入っていたのはリモコン本体に試供品の単4電池が2つ、それとセットアップガイドです。電池は最初からリモコンに取り付けられていたわけではなく、これは僕の方で袋から出して取り付けました。

このメディアリモコンは手触りがスベスベしていてなかなかいいですね。それと持って向きを傾けたり、何らかのボタンを押すと暫くの間ボタンがうっすらと発光するところがなんかオシャレですな。Xbox One XはYouTubeやニコニコ動画などの各動画サイトや4K Ultra HD Blu-rayの再生機能もあるので、僕はメディアプレイヤーとしての性能にも期待しており、動画を楽しむときはコントローラーではなくメディアリモコンで操作したいと思っています。

プレイ&チャージ

次にプレイ&チャージについてですが、これはコントローラーの大容量バッテリーと充電ケーブルですね。本来Xbox Oneのコントローラーは単3電池を2つ使うようなのですが、それをいちいち交換するのも煩わしいと思ったので購入しました。なおMicrosoft公式サイトの商品説明によれば、

ゲームをプレイ中はもちろん、Xbox One 本体がスタンバイ状態の時にも充電が行われます。充電は最大4時間で完了、最大35時間プレイ可能です。

とありますので、一度の充電で相当遊べますね。また同サイトではXbox One Xとの互換性もありと表示されています。ちなみに充電ケーブルの長さは箱に2.7mと書いてありました。PS4に付属しているコントローラー用のケーブルより長く、充電中ゲームをする時でも画面から程よい距離感を調整できるだけの長さがありますね。

これであとはXbox One X自体が手に入ればめでたく終了なんですけどねwでもそれが一番の難関という…。今週こそはと思っているのですが、買えますかねぇ。できればこの11月中には手に入れたいです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!