Horizon Zero Dawn DLC「凍てついた大地」プレイ #04

今回は狭間を北上しつつ、サブクエストや顔料、動物の像などの特殊アイテム集めを中心にプレイしました。狭間はどこもかしこも雪だらけ…と思いきや、こうした熱湯が湧いている地域もあってフィールドの雰囲気がガラリと変わり、面白いですね。

ワイオミング州

地面が黄土色で湧き出る熱湯が青緑色という、見た目に美しい土地なのですが、ゲーム中で手に入るテキストデータによるとここはワイオミング州のイエローストーン公園というところだそうです。へぇ〜と思ってググってみたところ、なんとご丁寧にもワイオミング州の公式日本語サイトが存在しており、現地の画像も掲載されていました。

リンク:ワイオミング州 政府観光局日本語サイト

ワイオミング州はアメリカ西部を縦断するロッキー山脈に位置し、人口は約56万人ほどだそうです。サイト内の画像をみて分かりましたが、Horizon Zero Dawnはクレステッド・プールというのを忠実に再現しているんですね。またゲーム中では間欠泉も噴出しており、これも実際にイエローストーン公園で見れるものだそうです。こういったその土地の特徴をゲーム中で再現するっていいですね。そこに住んでいる人たちからしてみれば嬉しいでしょうな。

狩人三人組

三人はどういう集まりなんだっけ?

さてサブクエストの方はというと、狩人三人組を手助けするクエストをこなしつつ、狭間をどんどん北上しました。この三人の行く手にはどういうわけか制御塔があるのですが、そのおかげで結構楽ですね、ちゃんと戦ってくれるのでwこれまではアーロイさん一人だったところを四人がかりで攻めるわけですから、対デーモン戦も苦労なく切り抜けられました。

ただ彼らの話を聞くと族長オネカットという人といざこざを起こして集落を離れることになったみたいで、なにやらワケありのようですな。予想ですがそのいざこざとやらにもあとあと巻き込まれることになりそうな…そんないやな予感もしますね。

山賊三人組

三人はどういう集ま(ry

特殊アイテムを求めてさらに北上すると、先ほど書いたイエローストーン公園にオセラムの山賊たちが築き上げた集落があったので久々に山賊退治と洒落込みました。が、さすがDLC、本編に出てくる山賊とは違いゴツい武装をしたボスが出てきます。その腕に抱える武器はなんと火炎放射器!シールドウィーバーがあれば楽勝だろ、とか思っていましたがここは火炎に強い紋章の服の方がいいみたいです。

消毒するアーロイさん

機械を消毒するアーロイさんの図

ボスを倒しなんとか集落を解放すると、ボスが使っていた火炎放射器、その名も「フォージファイア」が手に入りました。早速チュートリアルクリアも兼ねてそこらを呑気に歩いていたチャージャー相手にブッ放してみましたが、思いの外強力な武器で使っていて楽しいですなw中型機械程度ならあっちゅう間に倒せますぜ。思わず「ヒャッハーッ!」と叫んでしまう楽しさがあります。

ただ矢弾を作成するのにブレイズを大量消費するため燃費が良くないこと、それとポーチのアップグレードにアライグマの皮を使うのには参りました。仕方ないので以前ブログでも書いた皮集めポイントまで戻って集めましたよ…いや~キツいッス(アライグマの出現地域に関しては下の関連記事を参考にしてみてください)。

Horizon Zero Dawn 〜動物の皮集め〜

2017.10.29
顔料

と、なんやかんやありつつも、顔料と動物の像はコンプリート。これらは資源箱と交換できますが、その中には碧の宝石も入っていたので「バヌーク強撃の弓(長弓)」と交換、戦力もちょっとアップした感じです。新しい武器がどんどん増えてきていい感じです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!