Fallout 76 ホットフィクス配信でサバイバル調整

Fallout 76 フリーステイツ

いや〜、フリーステイツのバンドルを買っちゃいました。おかげでもうアトムがすっからかんのスカンピンです。でもまぁ、ガスマスクつけて軍人ゴッコができて満足かな、とも思ったり。ライトマシンガン持たせるとサマになりますねぇ。

ホットフィックスノート

リンク:FALLOUT 76:ホットフィックスノート – 2019年7月25日

というわけで昨日メンテナンスが入って小さい修正ファイルが配信されたわけなんですけど、サバイバルモードのスコアボードと武器ダメージが調整されたということみたいですね。

正直サバイバルモードで3位以内の人が常にマップ上に表示されるってのはマジできつかったですね。ある程度戦っているといやでも狙われるという。しかも武器ダメージにボーナス倍率なんてものが入っていたためか緊急プロトコルがあってもあっという間にやられましたし。そのおかげかどうなのか、サバイバルサーバーは過疎状態がほとんどでした。

まぁこの調整でだいぶ遊びやすくなるんじゃないかなぁって感じはします。僕はチャレンジ目当てぐらいででしか遊びませんけどねぇ。今のところレベルをガンガン上げる意味もないですから…。まだまだサバイバルサーバーは何かしらの調整を入れていってもらいたいかな。

それとパフォーマンスの安定性も改善されたということですが、ここ数日間はガチで落ちやすかったという感触がありました。ほんと、これで改善されるといいんですけど…大丈夫かな。

レジェンダリーの問題なんかはまだ完全に解決できていないとのことですし、まだまだこの問題は長引きそうですね。初期に比べると星3の敵が確実に星3アイテムを落とさなくなったりとただでさえしょっぱくなっているのに、「レジェンダリーアイテムのドロップ確率が意図されていたものより低くなっていることを確認しました」じゃあなぁ…。しっかりしてくださいよ、ベセスダさんよぉ。

それはそうと、27日からの「QUAKECON 2019」ではベセスダのチームリーダーが出演して今後の予定について話すことになっているそうですので、とりあえずはそれに期待ですね。今後のアップデートで人間NPCも加わるそうですから、多分ゲームの方ももっと厚みが出るのではと僕は楽しみにしています。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。