Fallout 76 「Waste Management」プレビュー

Fallout 76 サムネイル

公式サイトのINSIDE THE VAULTが更新され、来週実装予定の新クエスト「Waste Management」の大まかな内容が公開されました。

高レベルプレイヤー向けダンジョン

リンク:INSIDE THE VAULT: バローズと多機能カメラのプレビュー

記事はすでに日本語訳されたものが出ています。

これによると大戦前に作られたハーパーズ・フェリーの地下トンネルが新ダンジョンとなっているそうです。大戦前は不届きな輩のたまり場として、大戦後は避難民の地下シェルターとして利用されていたとのことですから、それに関するメモやホロテープなんかも多数あるのかもしれませんな。大戦前後のアパラチアの背景がまたいくつか読み解けると嬉しいですね。

で、ダンジョンへは武器庫の近くとハイウェイ65にあるマンホールから侵入し、「レベル50以上のプレイヤー2人以上で挑戦する想定でバランス調整」とのこと。先日のシープスカッチ並かどうかは分かりませんが、それなりに難しい難易度になっているようです。また何度でもダンジョンに入って戦利品や経験値を入手できるとのことですから、結構盛り上がりそうですね。

この他にも「多機能カメラ」というものが実装予定でしたが、これは延期だそうですね。そこは残念ですが、このカメラは通常のフォトモードと違って「フィルム」を使用し、改造でレンズの倍率を変えられたりカメラの特別なスキンもアトミックショップで登場予定とか…いや〜新たな課金アイテムの登場ですか、こりゃますますチャレンジに力が入りますな(白目)。

なお新カメラで撮影した画像はフォトモードに保存されるとのことですが、ギャラリーの保存量もできれば増やしてほしいんですけど…メモリとの兼ね合いもあって難しいのかなぁ。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。