2019年ベセスダショーケース感想

2019年ベセスダショーケース

日本時間で9時30分から始まったベセスダのショーケース、全部見終わりました。Fallout 76の情報もちょっと出てましたね。

無料!ドラゴン!みんながベセスダ!

冒頭トッド・ハワードさんが出てきて、なにやら重要な話でもしてくれるのかと思いきや、最初だけ出て終わりでしたな。ちょっと残念。

全体的な印象なんですが、やたらと「無料」であることと「ドラゴンが出る」ことを強調していたような内容だったかなと…だからこそってのがあるかもしれませんが、DOOMの新作はそれとは関係なしに実際のゲームプレイ映像をたっぷり流した上で無慈悲なゴア表現もガンガン強調、今回発表されたタイトルの中では一際目立っていたような感じが僕はしました。

Fallout 76についてはバトルロイヤルモードの実装と、NPCの復活が発表されましたね。あと1週間限定の無料プレイ期間を設けるということですか。まぁ初期に比べるとやれることやクエストもだいぶ増えましたし、不便だったところも改善されましたからねぇ。「もうこんなのやらねぇよ!」とアパラチアから出て行った人もこの機会に戻ってみては、と思います。

それにしてもバトルロイヤルモードですか。サバイバルモードといい、どうしてもPvPをさせたいらしいですな^_^;しかもこのバトルロイヤルで勝ち抜くことにより監督官ランクが上がり、新たな設計図やスキンがアンロックされるという話なので、やらざるを得ないのかなーなんて気もします。でも縮小し続ける円形状のエリアの中で戦うとか、どこかで見たシステムッスねぇ…。

ともかくFallout 76はまだまだ元気に続いていくっぽいことは伝わってきたので、あとはゼニアジが課金周りの環境を整えてくれればなと。「Oh!ジャパニーズからもっと課金搾取するデース!」と、トッドさんに思わせるぐらいに日本人の廃課金力を見せつける必要がそろそろあるんじゃあないですかい?と、私は世間に問おうとは思いませんが、たまにぐらいだったら課金して楽してアイテムゲットしたいです。真面目にチャレンジこなしてポイント貯めるのも結構時間がかかるのでオナシャス。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。