Xbox次世代機「プロジェクト・スカーレット」正式発表

プロジェクト・スカーレット

本日の「Xbox E3 2019」にて、Microsoftが次世代機Xboxを正式に発表をしましたね。

2020年発売

僕も早朝ニコニコで同時通訳の生放送を見ていたのですが、今回は最後の方にちょこっとだけ紹介されていた感じでした。

性能に関しては今回の発表によると、

  • AMDの「Zen 2」採用。
  • Xbox One Xの4倍のパワー。
  • SSD搭載。
  • 120fpsまで出せる。

ということみたいですね。個人的に何より驚いたのが120fpsという部分ですが、これは全部のゲームが120fpsで動作するのではなく、「特定のゲームに限って最大値が」ということなんだろうなと勝手に予想してます。

例えば今Xbox One Xではフォートナイトを4K/60fpsで動かせますが、こういったジャンルのゲームは最大で120fpsとかいけるかもしれないですね。逆にFallout 4や76ようなオープンワールドRPGといったジャンルなんかは60fpsで落ち着くのではないかと…。仮にそうであっても60fpsで安定動作するなら十分快適なので、そうなってほしいなぁとは思います。

しかし120fpsまで望むとなると今一般的に使われているHDMIだと確か60fpsが限界なので、どういう接続方法になるのやら。HDMIも次世代規格のものになるのかな、やっぱり。もちろん120fpsに対応したモニターに買い替える必要もありますね。となると本体と合わせて結構お金がかかりそうですが…^_^;

今回の発表だけではまだまだわからないことも多いのですが、果たしてどんなパワーを発揮しうるゲームマシンなのか続報や実機デモ公開が楽しみですね。あとベセスダ側から次世代機に合わせて60fpsアップデートがあるのかどうかとか、そうした情報もそのうち出てくれるといいですな。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。