SIE、「PlayStation Productions」設立

汎用サムネイル2

SIEがプレイステーション独自IPの映画やテレビ番組を製作する「PlayStation Productions」というスタジオを立ち上げたそうですね。

ゲームの映画化は昔からありますが…

リンク:Sony Interactive Launches Unit to Adapt Games for Film, TV (Exclusive)

ゲームの映画化とかテレビ番組化というのは、それこそスーパーマリオも過去に実写映画化されていますし、20年ぐらい前にはFFもCG映画として公開されていましたね。最近だとNetflixでウィッチャーのドラマが配信予定となっているなど、この手の話は昔も今も普通に存在することではありますな。

プレイステーションの独自タイトルというと最近ではDays Goneですが、The Last of Usとかアンチャーテッドもやれなくはないのかなと。Horizon Zero Dawnはどうかなぁ…さすがに厳しいかな?

ゲームに集中した方がいいんじゃない?という意見もあるかと思うのですが、ソニー側としてはヒットしたゲームを使ってさらにお金を稼ぎたいというのもわかる話ですし、こうした流れも当然なのかなと。実際Days Goneが実写化されたらちょっと見てみたい気もします。物語の設定的にも実写化しやすそうですから、案外イケるかもしれません。

おそらくPlayStation Productionsの作る作品はわりと最近の、数百万本とかいうレベルで世界的にヒットしたゲームが題材になるとは思うのですが、僕個人としてはリンダキューブのアニメ化なんかも見てみたいです。シナリオA、もしくはBをアニメで完全再現とか、見たいんですけどねぇ。あのサイコパスな展開とキャラクターは現代でも通用するんじゃないかと…。

「う〜ん、生娘の匂いだ」とか、今見てもキてますね…wやっぱこの頃の桝田省治さんって良い意味でキレてたんだなって…。これをゲーム一本丸ごと完全アニメ化してほしんですけどねぇ。頼むぜソニー。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。