Days Gone 初週売り上げ11万本

Days Gone ドリフターバイク

ファミ通によるとDays Goneの初週の売り上げは11万4319本だそうで、完全新規タイトルとしては上々のスタートと報じられていますね。

洋ゲーにしては売れた方?

リンク:『Days Gone』前人気も高かったオープンワールドサバイバルアクションが11万本超えで初登場1位!【4/22~4/28】

まぁ新規タイトルで10万本超えというのは大したものじゃないですかね。僕はダウンロード版で買いましたが、そういったダウンロード組も含めればトータルで13〜14万ぐらいはいっているかもしれませんね。

ちなみにここ半年ほどの範囲で洋ゲータイトルの初週売り上げを改めて見てみると、Fallout 76が約7万3000、ディビジョン2が約6万3000、Anthemが約7万8000だったそうです(いずれもPS4版)。つまり数の上では最近の洋ゲータイトルの中ではかなり売れた方ですね。ソニータイトルのブランド力というのがあるにせよ…。

このゲームのメタスコアはメディアレビューが平均72、ユーザーレビューが平均8.0となっているほか、日本のAmazonではバラバラな評価ですね。僕自身は100点満点中でつけるとしたら現段階では85点ぐらいかなって感じです(まだクリアしていないのでクリア後は評価も変わると思います)。

Days Goneの評価ポイントとしては、単純にゾンビと戦うゲームだと思って購入した人にはマイナス評価になる可能性があると思われます。そういう方向性が好きな人は最近で言うならWorld War Zの方がいいんじゃないかな、と。Xbox/PCならState of Decay 2でもいいでしょうし。

Days Goneはストーリーを追うタイプのゲームが好きな人には合っていると思います。僕個人の印象としてはプレイログの中でも買いてきましたがストーリーの進め方がGTAライクで、ミッション攻略のプレイ感覚としてはアサシンクリードやファークライの要素を感じるといったところで、一般的なゾンビゲーとはテイストが違うかなと感じます。単純にゾンビと派手なドンパチがしたい人は別のゾンビゲーを買った方が無難じゃないでしょうか。このゲームはあくまでプレイヤーがディーコンの追体験をするステルスアクションRPG、ぐらいの認識でちょうどいいかもしれません。

そのように頭を切り替えて遊べば楽しめると思います。ゲーム中盤からのストーリーの盛り上がりが良いので、ストーリーをどんどん追っていくRPGが好きな人にはお勧めできます。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。