Fallout 76 パッチ9アップデート プレイヤー自動販売機など

Fallout 76 1

本日Fallout 76のパッチ9が配信されたということで、久々に起動してどういう内容なのか確認してみました。

自動販売機

リンク:FALLOUT 76: WILD APPALACHIA PATCH 9 NOTES – MAY 7, 2019

今回のパッチはパイオニアスカウトのクエスト追加、バックパック、プレイヤーの自動販売機、さらにレジェンダリーアイテムをトークンに交換する販売機の設置など、結構盛りだくさんな追加要素がありますね。

Fallout 76 プレイヤーベンダー

まずプレイヤーの自動販売機ですが、この自動販売機を起動させることでマップ上に自分のキャンプ位置が他のプレイヤーさんにも表示されるようになるみたいですね。

画像にもあるように他のプレイヤーさんのキャンプは緑色で表示され、カーソルを合わせるとそのキャンプで自動販売機で何が売られているのか、大雑把な情報が表示されるのは便利でいいですな。またファストトラベルもできます。

Fallout 76 プレイヤーベンダー購入

テストがてら設置して、ダブっていらない設計図を売り出してみたのですが、他のプレイヤーさんが購入すると購入された通知が入り、キャップを自動入手できる…と。ただし売り上げから手数料が差し引かれるようですが、まぁ、便利といえば便利ですね。運が良ければ期間限定のクエストでしか手に入らないようなアイテムも手に入るわけで、売り出す側としてもいくらかお金が手に入るわけですから、双方が幸せになれるという良い追加要素だと思います。

Fallout 76 レジェンダリートークン

それと今回は各駅にレジェンダリーアイテムをトークンと交換できる販売機も設置されたわけですが、これ変換できる数に制限があるんですね。1日当たりなのかどうか不明ですが、今日行ってみたところ150分しか変換できませんでした。もう収納箱を圧迫していたアイテムを全部変換して空きを作ろうと思っていただけにちょっとガッカリw

変化したトークンの使用については後々のアップデートで、ということのようですが、これどうなるんですかね。まぁ150変換した程度では大したものにはならなそうな気もしますが…やっぱり1000とか2000とか必要なのかな…。

Fallout 76 パイオニアスカウト

そして今回の大きな目玉(?)であるパイオニアスカウトのクエストについては、時間の都合でまだ少ししか遊べませんでした。でも一つクエストをクリアしたら新たな設計図が手に入ったので、ヌカシャインなどと同様に今回もたくさんの設計図が報酬で用意されているのかもしれないですね。

あと気付いたのは、X-01のMOD設計図がホワイトスプリングのバンカーで売り出されるようになったことでしょうか。衝撃補正やジェットパックなどの設計図も売られていました。う〜ん、あのリログ作業は一体何だったのか…。

とはいえ設計図で覚えてX-01に取り付けるとなると材料が必要になります。もちろん設計図を買うお金も必要ですのである程度の準備が必要です。MODを直接買うとなると出現率は低いものの価格は安いし、取り付けに材料もいりません。そこは人それぞれ自分の都合にあった方を選んでくださいってことですね。

まぁ最初から設計図売り出してもよかったんじゃないですか?と個人的には思います^_^;僕個人はリログを繰り返す作業が嫌なので設計図を買ってたと思います。正直MODを買うためのリログ作業は苦痛でしたので…もっと早くこうして欲しかったです。とはいえこうした改善がなされたのはよかったですね。

しかし2週間ぶりに遊んだのですが、伝え聞くところによると本物のシープスカッチが出現するなど、色々と新しいクエストが追加されているそうですね。僕はまだしばらくDays Goneを遊び続けるので、復帰するのはもっと暑い季節になってからかなぁ…。その時は今以上にもっとクエストも追加されているでしょうし、いい感じで新鮮さを感じつつ遊べるんじゃないかと思うんですけどね。アップデートは引き続き頑張ってもらいたいものですな。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。