Xbox One版Fallout 4 MOD「MG-42」

MG-42

Xbox One版Fallout 4のMODに「MG-42」というものが登場したので試してみました。

MOD説明

MG-42は第二次世界大戦時、ドイツで開発されたグロスフスMG42機関銃をゲーム中に追加する武器MODです。作者とは別の方が許可を得た上でベセスダのサイトにアップしているようですね。

MG-42 2

入手の仕方ですがMOD有効化後レイダーなどの一部敵が装備して出てくるようになるほか、ケミストリーステーションでもユーティリティのカテゴリーから作ることができます。

WikiによるとグロスフスMG42機関銃は「ヒトラーの電動のこぎり」というニックネームが付けられていたそうですが、見た目には黒光りしたかっこいい機関銃です。なおFallout 76ではライトマシンガンの設計図が「MG42」となっており、その名前の通りこれが元ネタで見た目にも似ていますね。

早速使ってみましたが、動画にあるように撃ったときの反動は非常に大きく、制御するのはちょっと難しめな感触を受けました。ただファイアレートが200とかなり高いため、うまく制御できれば敵を速攻でズタズタにできる可能性を秘めています。

改造面ではマガジンの拡張やバイポットの取り付けなどができるほか、使用弾薬を5mmから.308に変更ができます。さらに数種類用意されたステッカーの中から好きなものを選んでちょっとした個性を出せたり、爆発レジェンダリーを任意でつけることもできます。そのため、攻撃面ではゲーム終盤まで不足を感じることはないと思われます。このファイアレートに爆発レジェンダリーが乗るわけですから、ベヒモスやDLCで追加されるタフなクリーチャーなんかも余裕で倒せそうですな。

繰り返しになりますがかなり反動の強い武器なので使いこなすには慣れが必要というか、中級者・上級者向けと言えるようなアクの強い、暴れ馬な武器と言えるかもしれません。ですがそうしたアクの強さを楽しむのも一興で、「それを使いこなす俺カッケー!」という楽しみ方もあると思います。

パワーアーマーにも似合う見た目のゴツさもいいですし、ヘビーガン使いの方はもちろん、実銃系が好きな方も是非試してみてください。

補足
MOD有効化後、アルトゥーロの店にMG42の一部がパスタになったユニーク武器が売り出されます。

パスタ型MG42

この武器はレシーバーがPasta Receiverという特殊なものになっており、「.308 Pasta」という特殊な弾薬を使用する武器になっています。この弾薬はケミストリーステーションのユーティリティーカテゴリーより、.308口径弾とヌードルカップを使うことで作ることができます(.308口径弾を25発とヌードルカップ1個で.308 Pastaが25発作れます)。

.308 Pasta

なおこのユニーク武器を使って敵を倒した場合、敵から.308 Pasta(画面表示ではMG Pasta Ammo)を回収することができる可能性があるようです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

4 件のコメント

  • このMOD今は消されて新規に別のファイルで上がっていますね
    サイズが40mbほどになってマズル系のパーツを外すと銃口の位置がおかしくなっていた問題点が改善されたものが上がっています

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。