Fallout 76、PC版アップデート

Fallout 76

CS機に先駆けてPC版のFallout 76に対しアップデートファイルが配信され、かなりの数の不具合が修正されたみたいですね。

内容

リンク:Fallout 76 パッチノート 2019年1月10日

修正内容はすでに公式側が日本語訳したものを出しているので詳しくはそちらを見ていただくとして、ここでは個人的に気になったものをとりあげてみようかと思います。

ヘアピンの重量を0.1から0.001に減らしました。

いつの間にか結構溜まっていて重量が気になっていました。売りさばいて20個まで減らしたりとか。でもこれで100個とか持ち歩いても特に問題ない重量になったかなと。嬉しい変更点です。

アイテムを複製できないよう修正しました。

ほんとぉ?これでツーショット爆発武器が無料で配られるようなこともなくなるのかしらん。

メンタス・ベリー味を使用すると、プレイヤーおよびクリーチャーの周囲に紫色のオーラが表示されるよう修正しました。

っていうか、敵を倒したらディビジョンみたく光って分かりやすくしてほしい。

中~高レベルのアーマーおよび武器を修理する際に必要な素材の数が最大20%引き下げられました。

White Knightがないと防具の修理はかなり厳しい部分ありましたからね…若干ぬるくなったようでよかったです。

「全てのジャンクを解体」を選択しても硬化した塊が解体されないよう修正しました。

修正したってことはバグだったのか…。

特定のワークショップにおいて、敵が地中にスポーンするためにワークショップが使えなくなっていた問題を修正しました。

これ、僕もこの問題に遭遇して困ったことがあったので修正されてよかったです。

ホワイトスプリングでロボットが頻繁にリスポーンする問題を修正しました。

むしろなぜすぐに修正できなかったのか。なお今回のアップデートで光し者の獲得経験値が減ったとのことですので、ホワイトスプリングにも多少は平和が訪れるかもしれませんね。

レジェンダリーのハンティングライフルがアイテムとしてドロップするようになります。

言われてみればレジェンダリー付きのハンティングライフルを取ったことはなかった。扇動の、とかほしいところですな。

ヴァンパイアの武器MOD効果が、生きているターゲットにヒットした時のみ正しく発生するようになります。

これまで素振りしていてもHPが回復できたんですよね。自分でも試したことがあったのですが、素振りしている最中フリーズして強制終了したことがあったので、自分としてはもうヴァンパイア武器はいじりたくないですw(やっぱり不正な処理が発生していたためフリーズしたのだろうか?)

別のワールドに参加した際にフュージョン・コアがフルチャージされなくなりました。

ああついに、フュージョンコアの無料充電システムも終了かぁ。不具合とはいえ、なんかちょっと寂しくも感じます。

Fireproof:ランクが上がるごとに爆発と炎からのダメージを15%ずつ減少させる仕様になりました。

ということはこれで爆発武器も怖くなくなる?

…個人的にはこんなところでしょうか。ただ一覧を見てもエネルギー系武器の劣化速度の修正とかはないようですが…次回のアップデート待ちなのか、あるいはないのか。まぁとりあえず今回はゲーム全般に渡って多くの不具合や仕様変更が加えられて結構良くなったのかなという印象を僕自身は受けました。

なおPS4/Xbox One向けには1月14日配信とのことですので、もうしばらくの辛抱ですね。楽しみです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。