PS5は下位互換に対応?

PS4 Pro

ギズモードによると米国でソニーが「旧作ゲームをオリジナルよりも高解像にレンダリングするリマスター技術の特許を取得した」と報じていますね。

次世代機戦争

リンク:PS5、PS1からPS4までのゲームができるかもってよ

ソニーから正式な発表があったわけではなく、あくまで取得特許の内容から次期PS5はこうなるだろう、という予想でしかありませんが、仮に実現するとしたら僕は良いことなんじゃないかなぁと感じました。というのも僕自身PS4を買って不満だったのは下位互換性能が削られたことだったからです。

まぁそれを知って買ったわけでもあるんですけど、買った当時は「なんだかんだ言ってあとから互換性が実装されるんじゃない?」とか、期待していたんですけどね。今の今に至ってもPS4にその動きはないですなw

記事によればPS1〜4がサポートされるのではないか、とのことですが、ディスクメディアでの対応ができるかどうかは別にして、これまで買ったダウンロード版が遊べるなら嬉しいですね。PS3ではアーカイブスを遊べていただけに、残念だったんですよね〜。

ただまぁPSPとVitaはどうなるのか…できればこの2機種もエミュレートできると最高なんですけど。Vitaの方はそれほど買っていないのですが、PSPに関してはなんとかして互換性をもたせてもらえないかと。PSPは結構買っちゃってるんですよ…エルミナージュとか、タクティクスオウガとか。もうソニーはVitaの後継機は作らないという見方もされてますし、それならそれで過去の資産を活かせる何かを次世代機には盛り込んで欲しい…。

Xbox Oneはその点互換が充実していて、僕はすごく良いと思うんです。実際Fallout 3、ブルードラゴンは買って楽しめましたし、動作も完璧でした。こうやって昔のゲームを掘り起こせるというのも魅力だと思います。

もし仮にPS5が本当に下位互換を実装して発売されたとしたら、世代交代もスムーズにいくんじゃないかと思うんですが…ソニーとしてはPS4で築き上げたユーザー数をなんとか次世代機でも維持したいでしょうし、そのための秘策ってところでしょうか。次世代機戦争、どういう新ハードが出てくるのか楽しみですな。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。