State of Decay 2、可変リフレッシュレート対応

State of Decay 2

Xbox Oneのストアアプリがアップデートされて、State of Decay 2の予約受付の画面が日本のストアアプリでもでかでかと表示されるようになりましたね。

しかし日本語は未対応!

ですが依然として日本語には未対応ですし、日本で買えるわけではないっぽいですな。本当に残念です。

まぁそれは置いておくとして、商品ページを見て初めて知ったのですが、どうやらState of Decay 2は先日Xbox Oneのアップデートで追加された機能、「可変リフレッシュレート」に対応しているようです。

可変リフレッシュレート

ちゃんと機能一覧に書かれていますね。もしかしてEnhanced対応のゲームであれば全部こうなのだろうか?と思って他のEnhancedタイトル(PUBGなど)を見てみましたが、書かれていないのがほとんどでした。

こうしてわざわざ機能一覧に書かれているってことは、やっぱりFreeSyncがないよりはあった方がより安定した動作環境でゲームを遊べるということなんでしょうかねぇ…仮にそうであれば、FreeSyncの効果目当てでモニターを買った僕としては嬉しいところではあるのですが。う〜ん、なんとも気になるところですね。

それと「Xbox Live クロスプラットフォーム マルチプレイヤー」とも書かれていますので、Windows版の人とも一緒に遊べるようですね。ふむふむ、マルチプレイ含めて楽しみですな。もうすでにゲーム自体のダウンロードは昨日終わりましたし、19日の解禁日が待ち遠しいです!

よろしければ記事のシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

地球の重力に魂を引かれたオッサンです。好きなジャンルはRPGで、ブログでは主に家庭用ゲーム機のことについて書いていこうと思います。