Grim Dawnを始めたドーン #04

Grim Dawn 1

グリムドーン、Act3のボスを倒していよいよ最後のAct4に突入するところまで進めました。もうちょっとでクリアですかね〜。

スキル見直し

Grim Dawn 2

Act3クリア時点でのレベルは46で、ステータスは上の画像の通りです。装備は前回に続いて耐性が満遍なく上がる組み合わせを重視しており、大きな穴は塞がった感じですかね。ちなみに耐性の最大値は80%とのことなので、完全に無敵というのはゲームシステム上無理みたいです。

Grim Dawn 3

あとこのゲームではお金を払うことでスキルポイントの振り直しが可能なので、ちょっと実験も兼ねて振り直しをし、スキル構成を少し変えました。具体的には火力を上げるためのフレイムタッチの習得と、キャニスターボムかグレネイドで迷った挙句、キャニスターを選んだという点ですね。

まずフレイムタッチは火力の底上げには便利なものの、アクティブ化すると毎秒エナジーコストがかかってレベルの低いうちは重いというのが欠点でした。が、星座ドライアドのエナジー回復バフも得たのである程度レベルを上げてもへっちゃらとなり、本格運用することにしました。まだレベル自体は低いですが、それでもアクティブ化すると結構違いが出ますね。このゲームはダメージ計測ができる練習用の人形があるので、それを使ってスキルの有無による火力の差を測れるところがナイスですな。Fallout 76も見習って欲しいものですw

それとキャニスターボムかグレネイドかという点については、どちらも使ってみた上でキャニスターボムにしました。グレネイドは高威力で1発4000〜5000とかのダメージを出せるのは強みですが、爆発範囲が狭く、敵を複数巻き込むのが難しいスキルですね。一方キャニスターはグレネイドよりダメージは落ちますが爆発範囲が広く、複数の敵に火炎ダメージ+燃焼スリップダメージを与えやすいところが、個人的には使いやすいなと。

このゲームはザコ戦における敵の湧き方が尋常ではないため、一撃の破壊力よりはいかに複数の敵を攻撃範囲に含めることができるか、を重視した方がザコ戦の処理が早く終わる気がしますし、実際のところ使っていてキャニスターの方が早くて楽だと感じました。もちろんスキルの威力や使い勝手は装備や星座に左右される部分もありますが、それでも僕はキャニスターの方が自分に合っているなぁって感じですね。なのでこのままキャニスターで最後まで行こうと思っています。

あと終盤に入ったところでレベル50に迫ってきており、デモリッショニストのレベルが50になったらサブクラスとしてはソルジャーにしようかなと、現在は考えています。デモリッショニストはどうしても体力の伸びが悪いので、体力の伸びがいいソルジャーでそこを補強しようかなと。戦い方自体はデモリッショニストのスキルだけで十分な気がするので、ソルジャーのスキルは体格を伸ばすやつだけにして、あとはデモリッショニストの攻撃スキルをとっていこうかなぁぐらいですね。やっぱり最後にものを言うのは火力とタフネスであろうと思いますし、大抵のRPGは結局そこが重要になりますから。

残るはラスボスのみということで、この調子だと来週の月曜か火曜ぐらいにはクリアできそうな予感です。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。