ゲームパスで「Edge of Eternity」遊んでみた

Edge of Eternity 1

というわけで、日本時間だと昨日の夜配信されたっぽいEdge of Eternity、僕もゲームパスで始めてみました。

色々惜しい?

このゲーム、フランス産のJRPGリスペクトタイトルということですが、今回CSでは先駆けてゲームパスで配信されましたけど、日本語字幕、日本語音声も収録されていました。オーイズミ案件だからとこの辺は不安でしたが、大丈夫でした。ですが、実際遊んでみると冒頭から日本語音声の台詞と字幕に違いがありまくりで(ニュアンスは同じだけど)、その辺はちょっと違和感も感じますね。

Edge of Eternity 2

今回1時間半ほど遊んでみたのですが、まず3Dキャラクターに関しては正直中途半端な印象を受けます。上の画像がゲーム中の女の子のひとりですが、リアル寄りというわけでもない、かといってアニメ調・漫画調的なところに思いっきり踏み込んだわけでもないというか…その間をとったつもりが結果として中途半端なものになった、みたいな?なんかタイトルイラストと雰囲気がずいぶん違うなってのが正直な印象ですねwあとイベントシーンでの演技中の動きなんかも、どこかぎこちなさを感じます。まぁこの辺は今後開発会社がまだまだ経験値不足なんだろうかという気がします。

Edge of Eternity 3

それとこのゲーム、コマンド・ターン制のバトルとなっていますが、戦闘中はキャラクターの立ち位置を変えることで敵の魔法を回避できたり、背後に移動して攻撃を当てればダメージが上がるなどの要素もあります。これで強力な攻撃を回避しつつ戦闘を進めないと終盤のボス戦が辛いとか、そんな感じになるんでしょうか。まだ序盤なのでよく分からないところもありますが、ターン制バトルと言っても単調な戦闘にならないようにギミックが導入されていますな。

Twitterの方に戦闘シーンの動画を上げてみましたが、個人的にもうちょっと各種の音にケレン味みたいな奴が欲しいなぁって気はします。なんか、全体的に音が地味なんですよね。敵を攻撃する時のダッシュの音とか、斬撃の音とか。そこは物足りなさを感じるかなぁ。あとテンポはもっさりという感じはしませんが、スピーディーではないですな。ただゲーム自体は60fpsで動いてくれていて(Xbox Series最適化済み)、フィールドは結構快適に走れるし、グラフィック自体もなかなか綺麗だと思います。

Edge of Eternity 4

メインストーリー以外にも「○○を倒せば賞金と経験値ゲット」というようなサブクエストがいくつも用意されているので、なんやかんやでそこそこ楽しめるかもしれません。とはいえ過剰な期待は禁物かな。日本のRPGを得意とするメーカー、例えばスクエニとかアトラスといったメーカーのようなクオリティを期待するのはやめておいた方がいいかと。でも、一作目でここまでできたのなら、続編はもっと良くなりそうな伸び代はある…かもしれない。僕はそういうところも期待したいです、この開発会社には。最初は色々言われるかもしれないですけど、なにクソという気持ちで頑張ってもらいたい。とりあえずもうしばらく遊んでみようと思います。

そうそう、このゲーム、難易度設定、いつでもセーブ機能、画面の右上にミニマップ表示などがあるので、「遊びにくい」「難しい」というのはないかなと思います。システム的には結構親切な作りになっている気はしますね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。