ブラックフライデーセールでConan Exilesを購入した件

Conan Exiles 1

現在世界各地で行われているブラックフライデーセールですが(僕が子供の頃はこんなのなかった気がするけど、いつの間にか日本でも根付いてしまった?)、僕はと言いますとXbox版のConan Exilesを購入しました。

規制なしで遊べる

Conan Exilesというと、日本のPS4ではコナンアウトキャストというタイトルに変更されて出ているわけですが、Xboxにおいてはスパチュン案件ゆえか日本では発売されていません。

が、ゲームパスに加入していれば国設定を変えることでダウンロードできますし、Xbox SeriesであればXSXは1440p/60fps、XSSでは1080p/60fpsで遊ぶことができます。そしてここが重要ですが、日本語も含まれており、かつ英国からダウンロードすれば無規制で遊ぶことも可能です。この辺りの詳しい理屈は関連記事をご一読ください。

Conan Exiles1

ゲームパスで無規制のConan Exilesを遊んだ件

2021年6月1日

調べてみるとPS4版は現時点でもPS5に最適化されたバージョンが出ておらず、日本に至っては当然規制ありですので、その点で言えばXbox版の方が良い環境でプレイできると言えるのではないでしょうか。60fpsで無規制、これを一度味わったらおそらくアウトキャストには戻れないでしょう。

さて僕が今回買ったのはブラックフライデーセールで確か68%オフだったか、やけに安くなった本編のみです。DLCは買っていません。とりあえずはめっちゃ安くなった本編を遊べればいいかなと。

それだったらゲームパスでいいのでは?という話でもあるのですが、ゲームパスだとこのゲーム、Xboxの国設定をダウンロードした地域以外にしてしまうと起動できなくなっちゃうんですよね。それがちょっと面倒というか、なんか鬱陶しいなと感じていたので、まぁ安くなってるなら買っておくかと。これで所有権を付与されたので、本体設定をどこにしていても起動できるようになりました。

今のところConan Exilesがゲームパスから消えるという情報は出ていませんが、いずれその時は来るでしょうし、ブラックフライデーで安く買えるならアリじゃないかと思いますね。ただこの本編だけで145GB…う〜ん、買ったはいいですけど、ある意味このゲームサイズの方が問題というような気もします😅

そんなこんなでおよそ半年ぶりにプレイ、今回は公式PVEサーバーに入ってサバイバル生活を開始してみました。以前ゲームパスで遊んだときは一人プレイでサーバーの設定を適当に変更しつつ遊んでいたのですが、今回は公式が定めた設定でのガチプレイですね。とは言ってもPVPでやる勇気はないですがw初心者狩りにあって略奪されるとかマジで勘弁って感じですし。

Conan Exiles 2

というわけで早速草をむしり、岩を砕き、なんとか第一拠点の建設に成功するところまでは進めました。しかしここに至るまで、結構色んなところで道端でくたばっている他のプレイヤーさんや、廃墟と化した拠点なんかを見ますね。確かこのゲーム、長らくログインしていないと拠点が風化していくんですっけ?まぁいつまで経っても拠点が存在するままだと後から来た人の土地がなくなっちゃいますもんね。

久々に遊ぶとこのゲーム、操作が複雑だなぁとは感じますがゲーム自体はとても面白いですな。公式サーバーでは死んだら全アイテムをその場に落とすので緊張感もハンパないですwまだ装備も石器時代なので、当面の目標としては鉄器時代に進んで装備をアップグレードするってところでしょうかねぇ。ともあれチマチマと遊んでいこうとおもいます。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。