Fallout 76 ハロウィンキャンディのチャレンジがきつい件

Fallout 76 アイキャッチ

絶賛開催中のハロウィンイベントですが…いや〜、このイベント中限定のチャレンジ、なかなか厳しいですね。

ポップコーンマシンは欲しいが

なにがきついって、「他のプレイヤーにキャンディを与える」ですね。C.A.M.P.に来てもらってかつ、キャンディを拾ってくれるかどうかは運次第という。これをデイリーチャレンジとして1日5回、ウィークリーチャレンジとして5回達成する必要があり、さらにそれを2週間続けろと。

Fallout 76 ハロウィンチャレンジ

とりあえずこの5日間無事達成はできましたが、それにしたって他人依存のチャレンジですので、運が悪いと全然人が来てくれないし、来たとしてしても飴ちゃんを拾ってくれるか分からないので、もう諦めたっていう人ももしかしたらいるかもしれませんね。

僕も結構苦労して、ついには片付けたXbox One Xを引っ張り出し、別アカウントでゲームにログインして自作自演でやろうかしらと思ったぐらいですが、今のところ何とか踏みとどまっていますwまぁこのゲームは2垢プレイでやるとおそらく下手に1st入るよか全然快適になるとは思いますけどね。スタッシュのこと考えると。

この数日間色々と試して感じたことは、まずキャンディボウルはファストトラベル位置よりなるべく近い場所に、かつ分かりやすく配置。あるいは自販機のすぐそばに設置するというのがベターですね。

Fallout 76 キャンディボウル

僕はFTしてまず目に映る場所にキャンディボウルを設置しました。

その自販機にも何でもいいので武器レジェンダリなりを突っ込んでおいて、他のプレイヤーの興味を釣る、と。これがあるかないかでも結構違ってくる感じ。あと血清を買っていく低レベルプレイヤーもまだまだいるので、作れるなら血清を突っ込んでおいてもいいかもしれません。

あとはできたばかりのチームに参加するとか(オプス以外)。できたばかりのチームはログインしてきたばかりの人である可能性もあるので、そこに入って自分も他のプレイヤーのC.A.M.P.を回り、飴を拾うと。するとお返しに拾いにきてくれる人もいるってな具合ですかね。自分から積極的に拾いにいくというのも大切かも。例え自分自身は拾うチャレンジ自体は終わっていたとしても。

もちろん、気軽に飴拾いを頼めるようなフレンドがいれば協力してこなすというのがいいかもしれないですが、「フレンド?なにそれ?」的な人は地道にやるしかないですな。僕もとりあえずは半分は終わらせたので、何とかあと半分頑張ろうと思います。ポップコーンマシン欲しいので。

Fallout 76 エクスカベータージェットパック

それとAngry Turtle兄貴の動画で紹介されていましたが、金塊と交換できるヘルキャットパワーアーマーのジェットパック設計図を読むと、エクスカベーターにもなぜかジェットパックを装着できるようになるというバグ技、自分でも試してみましたが確かにできますね。

まぁこれまでもこのゲームではなぜか特定のパワーアーマースキンだと腕にジェットパックを装着できたりして、ジェットパック+緊急プロトコルという組み合わせができたりしましたが、これもその手のバグの一つ…かなぁ。

個人的にエクスカは使ってないので別になくてもいいんですけど、一応装着させたままにしておこうと思います。エクスカは総重量面ではかなり有利なため、愛用している人には朗報と言えるかもしれませんね。次回のアップデートで修正されてもおかしくないので、やれるうちにやっておいた方がいいかもしれません。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。