ゲームパスで「スカーレットネクサス」をプレイ #03

スカーレットネクサス エンディング

バンナムのアクションRPG「スカーレットネクサス」、この土日がっつり遊んで無事クリアできました👏

続編の匂い…?

今回クリアしたのは男主人公のユイト編ですが、いや〜もうお腹いっぱいです。

まぁゲームとしては様々な超力を持つ少年少女が集まり怪物と戦い、次第に友情を深めていく的な、言ってみればジュブナイルな一面を感じられるゲームでしたな。その一方でシナリオは政府が退役軍人にひどい仕打ちをしたり、人間の脳を集めて生体コンピューターを形成するとか、ディストピア要素も含まれていて、キャラクターの可愛い見た目とはギャップのある内容が面白かったですね。以前も書きましたが僕としては「東京魔人學園」的な情緒感も多少感じられて、この雰囲気は懐かしくもあり、嫌いじゃないです。

スカーレットネクサス ラスボス

アクションシーンはド派手な演出でフレームレートも安定しておりヌルヌルであるほか、モンスターデザインも悪趣味なものがたくさん揃っていてデザイン面でも楽しめました。特に上の画像のラスボスのデザインは良かったですねwちなみにゲームクリアまで一度もフリーズでゲーム進行がストップしたことはありませんでした。ベセスダ君も見習って、どうぞ。

ただこのゲーム、ザコ敵の数はそれほど多くはないので、ゲーム終盤は「またコイツかよ」って感じで多少ウンザリした感じもありました。ラストダンジョンはタフなザコ敵が一度に3匹出現して、それを殲滅しなければ先に進めないというステージ構成の連続なので、「もういいよ、何度同じ敵と戦うことになるんだ?」と疲れちゃったなぁ。まぁ、3Dゲームの宿命でもありますけどね。こちらとしてもザコ一体の3Dモデルと戦闘パターン作るのに非常に手間がかかるのは想像つきますけど、それにしてもこのゲームは、って感じだったかな。

スカーレットネクサス 最終セーブデータ

ゲームクリア後の2周目用セーブデータ作成時でプレイ時間は24時間29分でした。およそ1日分ぐらいですね。ただこれ、街で受注できるサブクエストを飛ばしてこの時間ですので、やり込もうとなると1周目でもかなりの時間遊べるんじゃないかと思います。しかも女主人公のカサネ編もあるので、それまでやり込んでクリアしようとなると、60時間とか平気でかかりそうですな。

ともかく無事クリアできて良かったです。しかしエンディングを見た感じ、続編を匂わしているところはありますね。退役して大学に進学するというユイトはともかく、カサネは月探索隊に入るということみたいですからねぇ。続編があるのかどうかは分かりませんが、あるとしたら次回はカサネ主人公の月を舞台にしたゲームになるのかもしれませんな。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。