Cyberpunk 2077 アルティメットクイックハック

Cyberpunk 2077 ジョニー

なんでもこのゲーム、隠しエンディングが用意されているそうで、ステータス画面で確認できるジョニーとの友好度(?)が70%以上だと隠しルートに入れるとかなんとか…海外では発売されている攻略本には詳しい条件が書かれているんでしょうか、気になりますなー。

胸クソなサブクエスト

まぁそれはともかくとして、ようやくメインクエストをちょっと進めつつ、サブクエストも消化していたのですが、まぁ中でも刑事リバーと共同で捜査をする事になる「The Hunt」のクエストは中身もオチも胸クソ悪いクエストでしたね〜。

Cyberpunk 2077 リバー

このクエスト、リバーと共に行方不明となったランディという少年の居場所を突き止めるっていうやつですけど、それがまぁサイコパスの男に捕まって人間牧場で家畜同然の扱いをされているという…ゲーム的にはかなりギリギリの線を狙ってきている不気味なシナリオでしたな。

それだけならまだしも、ランディが監禁されている農場を突き止めるさいにリバーから選択肢を迫られて、間違うとランディが死亡し、おまけにリバーに睨まれながら「お前に頼った俺がバカだった」と散々なことを言われて終わるというマジクソにもほどがある内容で草生えましたよwさすがにこればっかりは後味が悪すぎたので選択肢直前のデータからやり直しました…。選択肢選ばせておいて失敗したら責任背負わされるってなぁ…。なんか、酷い。

Cyberpunk 2077 レジェンダリーPING

そんなこんなでサブクエストこなしているうちにレベルも上がり、ようやくレジェンダリーのクイックハックをクラフトできるようになったので、早速いくつかのクイックハックをレジェンダリー化してみました。中でも特に優先したいのはPINGですね。理由はレジェンダリー化したPINGをデッキに入れると「障害物に隠れた敵をハック対象にできるようになる」からです。

Cyberpunk 2077 レジェンダリーPINGの効果

そのためですね、レジェンダリーPINGがあるとガチで無双状態になっちゃいますね。なんたって壁や障害物を無視して「自札」を実行できちゃいますからねwこれやると問答無用で一撃死なので、そもそも武器を構える必要すらなくなるという…強すぎィ!!

Cyberpunk 2077 アルティメットクイックハック

そして恥ずかしながらこの段階でようやく「自札」や「サイバーサイコシス」のクイックハックが「アルティメット」タイプであることに気づきました。ちゃんと書いてあるんですね、見辛いですけど。この手のクイックハックは使用RAMが高めに設定されていますが、

Cyberpunk 2077 テトラトロニク・リップラー

「テトラトロニク・リップラーMK.4」のように、アルティメットクイックハックの使用RAMを減らす基幹システムを装備すれば、効率的に使っていけそうですね。しかもこのテトラトロニク・リップラーMK.4はアルティメットクイックハックを伝染可能にし、アップロードとクールダウンの時間を大幅に減らすので、敵の集団のど真ん中に「自札」もしくは「サイバーサイコシス」をブチ込んでやれば一網打尽にできるというわけですな。これはいいなぁ。ただこれ使い始めると、あまりに簡単になってしまうかな?という気もしなくはないですね。

正直どれがいいのかっていうのはプレイスタイルにもよるし、僕もまだ判断はつかないです。アルティメットクイックハック中心で使っていくならテトラトロニク・リップラーMK.4一択なのかなとは思いますが。

Cyberpunk 2077 チャーターヒル

ちなみにテトラトロニク・リップラーMK.4はチャーターヒルのリパードクで売られています。場所は上の画像を参考にしてください。黄色い丸で囲まれたところにあります。

Cyberpunk 2077 ネットウォッチ・ネットドライバーMK.5

アルティメットは強すぎるからあえて封印するという人は、ウェルスプリングスに売られている「ネットウォッチ・ネットドライバーMK.5」とかもいいかもしれませんな。RAM回復速度が高くて伝染範囲ボーナスも強力ですし。迷うなぁ…。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。