Fallout 76 やっとアニマトロニック・ピエロを手に入れたマン

アニマトロニック・ピエロ

トレジャーハンターイベントで手に入れることができなかったアニマトロニック・ピエロですが、設計図が4000キャップで売られていたので買って終わらせました…。まぁ、とりあえずこれで無事トレジャーハンターのレアアイテムはコンプリートかな?(多分)

XSXでのクイーン戦

さてさてXSX/SとPS5も発売されて次世代機ハードで76を遊んでいるという人もそこそこいるんじゃないかとは思いますが、PS5で遊んだ場合、やっぱりロード時間が短くなったり、各種レスポンスがよくなっているんですかね。

それはそうと昨日XSXを買ってから初めてスコビクイーン戦に参加したのですが、Xbox One Xで遊んでいたときとは違って混戦時でも極端な処理落ちが起こることなく戦えてちょっと驚きました。これまではガクガクになったりクイーン戦の戦闘中に武器を切り替えたりしようとすると反応が遅れたりとかしょっちゅうありましたが、少なくとも昨日は2回戦やってそれがなかった。いや〜、これは嬉しいなぁ。

それと地味に嬉しいこととして、10〜12日までの間、XSX上で76が一度もフリーズしたり強制終了していませんwこれまでは一日に1回は落ちて当然という状態だったんですけどね。3日間安定してプレイできているなんて…奇跡か。

僕の場合、特にクイーン戦で爆発武器やファイアレートの高い武器(ガトプラなど)を使っていると撃っている途中で「ブーーーッ!!」という音と共に画面がフリーズしてゲームが落ちるという現象がこのところ起きていたため、正直クイーン戦に参加すること自体がちょっとダルかった部分があったのですが、この調子ならばフリーズ・強制終了の類とは「では諸君!サラバダ!!」…と、確信を持つまでには至らないものの、だいぶ発生確率は低くなったのではないかと思うところはあります。ま、ベセスダのことなので安心はできませんがね。でもなんとなく予感は感じられるというか。

リンク:『Starfield』『The Elder Scrolls VI』に向けてゲームエンジンの大規模な刷新を図っていると、Todd Howard氏が改めて言及

なお先日の「Develop:Brighton Digital 2020」ではトッドさんが「ゲームエンジンの開発に関わっているスタッフの数がかつての5倍にも及んでいる」と発言し、本当に大規模な刷新が行われていることを強調しているそうです。

まぁ次のスターフィールドやTES6は従来通りシングルプレイになるそうですが、ベセスダの次世代ゲーム、う〜ん、どうなるんだろう。ゲームエンジンのオーバーホールが終わったとしてもベセスダの制作ペースを考えるとFallout 5に関してはまた次の世代、ということになるかなぁ…。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

地球の重力に魂を引かれたオッサンです。好きなジャンルはRPGで、ブログでは主に家庭用ゲーム機のことについて書いていこうと思います。