Fallout 76 「処刑人」はこの先も生き残れるのか?

マウンテンスカウトのゴーグル

先日のパッチ23から「マウンテンスカウトのゴーグル」が作れるようになったとのことで早速装備してみましたが…いかにもナイトビジョン効果がありそうなのになんもないんですねw

処刑人爆発LMG

Fallout 4にナイトビジョンとかサーマルビジョンのゴーグルを追加できるMODがあったじゃないですか、「West Tek Tactical Optics」ってやつなんですけど。

気分は潜入工作員?Xbox One版Fallout4 MOD「West Tek Tactical Optics」

2017年11月25日

これ装備するとキュイーンっていう音がなってナイトビジョンとかの効果が出るのですが、こういうのを期待したんですけどねぇ…4のMODでできるんだから公式にもできるでしょ?と、振っておこうと思います。Pip-Boyのライトをつけるとライトではなくゴーグルのナイトビジョン発動って感じで。せっかくこういうアイテムを作ったわけですから、そのぐらいのギミックがあってもいいんじゃないですかね。やってほしいなぁ。ますます生身での活動から抜け出せなくなりそうですが。

処刑人の爆発LMG

それはそうと、昨日は処刑人+爆発+クリメーターアップのライトマシンガンを手に入れました。これ…PAマン時代に手に入れたかったなぁ。

というのもこのところのゲームにおけるナーフ祭りの中、処刑人とTenderizerに関しては今のところはダメージアップの効果が乗算のまま維持されているため、現状においては強い、と言えるレジェンダリーになっているんですよね。

とはいっても処刑人の効果はターゲットのHPが40%を切ってからというのが発動条件ですので、そこらのザコ狩りだとそれほど強さは実感できないかもしれません。が、当然HPがバカ高いボス、つまりスコビクイーンなどに対しては後半50%増しのダメージでガシガシ削れるとのことで、結構有用だと。もしこれがPAマン時代に手に入っていたならば…プライムレシーバー化してボス専用の決戦兵器にしても良かったかもしれない。

現在僕はコマンドーPerk積んでいてヘビーガンPerkは1枚もない状態ですので、正直単純なダメージで見ればそんなに強くはないのですが、それでもライトマシンガンのファイアレートと爆発効果のおかげでレベル50やそこらのザコならあっという間に狩れますね。ちょうどSSアーマーの不屈+武器重量減も3部位揃ってだいぶ楽になったことですし、このライトマシンガンも遊びで使っていこうと思います。

ただまぁ、このところのナーフに次ぐナーフの嵐を考えると、処刑人がいつナーフ対象となってもおかしくはないですなw血濡れや扇動ですらあの有様ですし…そのときがいずれ来るのかもしれないという覚悟は一応持っておくべきでしょうか。それこそTenderizerの天下もいつまで続くのか分かったもんじゃないですね。

この手のゲームではナーフ調整が入るのはわりと当たり前とのことですが、ゲームによっては行き過ぎたナーフで人が減ったとも聞きますな。そういう意味で76はどうなってしまうのか、ある意味注目ですね。個人的にはもうこの辺に留めてほしいところですが。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。