Xbox&ベセスダショーケース感想

Starfield 1

本日のXbox&ベセスダショーケース、見終わりましたのでちょっと感想を書いていこうと思います。

Starfield

まずはなんと言ってもStarfieldのプレイ動画ですね。およそ15分の尺で公開されましたな。

トッド・ハワード氏曰く、「過去もっとも野心的な作品です」と冒頭で述べた上で解説を加えながらプレイの様子が公開されましたね。僕の率直な感想を言わせて貰えば、FalloutとSkyrim、それにノーマンズスカイを足したゲームかな?という印象を受けましたw

Starfield 2

動画の中では惑星に降り立ち鉱石を発掘する様子(武器クラフトなどに使うらしい)があったり、

Starfield 3

自分で前哨基地を建設したり、また宇宙船の改造の様子なんかも公開されていましたね。基地は自分の好きなところに建設できるほか、その基地で働くスタッフも自分で雇うのだそうで、こりゃあこだわり始めるとキリがなさそうな内容ですな。スタッフの雇用てw

また宇宙船については宇宙空間でのバトルシーンも公開されており、それに備えての戦闘向きの装備で固めるのか、あるいは航海速度重視の装備で固めるのかとか、頭を悩まされせそうな要素ですなぁ。カラーリングなんかも変更できるようでしたので、まさに自分好みにカスタマイズ可能と。

Starfield 4

宇宙版ガービー?

それと今回キャラクターカスタマイズもかなり柔軟にできるようになったとのことで、NPC含め人間キャラが公開されていましたね。人間の表情というか見た目については76よりさらにグッとリアル寄りになったような印象かな。髪の毛や髭の描写なんかもだいぶ細かくなってましたね。バニラでも面白いキャラクリができそうです。

そして驚いたのが探索できる惑星は1000も用意されているそうで…まぁ真面目に一つずつ歩き回ってたらそれだけで人生終えそうですね…wいろんな環境の惑星が用意されているそうですので、どこに基地を建てるのか?もうそこからして悩みそうですし、きっと悩むことでしょう。想像以上にデカいスケールのゲームでした。

ただまぁ、メインストリーはともかくとして、1000もの惑星すべてに細かなイベントが設定されているわけはないでしょうし、そうなると大半はランダムイベント、自動生成的なイベントだと思うんですよね。それが面白いのかどうか、ちょっと心配なところはありますね。これについてはDLCとかで追加もあるかもしれないですが。

正直なところ僕はこの前発売日延期が発表されたときはガクッとしたのですが、今回のプレイ動画を見てなんとか心を持ち直すことができました。これだけの規模のゲームとなるとバグも200や300じゃ済まないでしょうし、しゃーないのかな、と。しょうがないのでもうしばらく大人しく待つことにします。あとゲームパスでできるといっても、お布施のつもりでゲーム自体は買おうかなぁなんて思ったりもしますね。ともかくこれで僕はFallout 76を休止する決意ができました(引退するとは言っていない)。Starfieldが発売されたら全力で取り組みます。

小島だよ!

それと今回のショーケース、小島秀夫監督率いるコジマプロダクションがXbox Game Studiosと提携を発表したり、またアトラスのペルソナ3〜5までがゲームパス配信されることも発表されましたね。

以前からXboxはいわゆる和ゲーが弱いと言われてきましたし、実際僕もそこは明確な弱点だと思っていましたが、そこに今回面白い対策をぶっ込んできたなと。コジマプロダクションのゲームはまだまだ時間がかかるそうですが、ペルソナシリーズの配信は結構大きなニュースではありますね。これまでペルソナの本編についてはいくつかの例外がありますが基本的にはPSオンリーでしたからね。それがゲームパスで、というのは興味深い。

僕はペルソナというと初代PSで発売された女神異聞録ペルソナ、ペルソナ2罪・罰まではクリアしているのですが、実のところ3以降は触れたことがありません。3が発売された時期とか、一時期ゲームから離れていたこともあり、名前は知ってるけど、という状態だったんですよね。なのでゲームパス配信開始となったあかつきには遊んでみたいと思います。楽しみだなぁ。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。