XSX アサクリユニティ互換テスト動画

アサシンクリード ユニティ

Digital Foundryが2014年に発売された「アサシンクリード ユニティ」を使い、互換テスト動画をアップしましたね。あらゆるシーンで60fps安定となっているようですな。

Falloutはどうなるの

動画を見るとノーマルのXbox Oneでは21〜22ぐらいまでガクッと下がり、Xbox One Xでも40前後までフレームレートが落ちていたところも、Xbox Series Xでは普通に60安定という結果になっています。2014年のゲームとはいえすごく快適になるものですね。

リンク:Xbox Series Xの後方互換性機能により、ほとんどのXbox One Xタイトルは60FPS/4K解像度で動作する

実際のところUBIは先月公式にアサクリの最新作であるヴァルハラについてもXSXでは4K/60fpsで動作することを発表していますし、う〜ん、今後はこのパフォーマンスが標準になってくれると嬉しいですよねぇ。これまでも限定的な範囲では60fps動作というゲームはありましたが、XSXのマシンパワーが4K/60fpsで動いて当たり前、という環境をもたらしてくれることに期待したいです。僕自身もう予約していますし、早く実際に触れてみたいなぁとワクワク感が止まりません。

ただまぁこうなると当ブログでも何度かとりあげていますが、FalloutはどうなるのかというのがXSX発売1ヶ月前に迫ってきた今、何も発表がないというのがちょっと不安なところです。

XSXの下位互換テストの動画をアップしている海外メディアはいくつかあって、僕も色々と見ましたが、Fallout NVに関しては1つだけ動作テストをやっていたところがありましたが、ゲーム自体は正常に動くものの、どうやら60fpsにはならなかった、みたいな感じでしたね。ゲーム側でロックがかかっているのかなんなのかよく分かりませんが、他の互換動作を試しているゲームの紹介とは明らかにテンションが違ったので、思ったようなパフォーマンスではなかったっぽいです。映像を見ても60fps動作かどうかは怪しい感じでしたし。

まぁさすがに全てが全て完全にうまくいくってわけではないかもしないですが、せめてOne時代のゲームである4と76に関しては60fps化してほしいというのが僕の願いです。アサクリが60fps化いけるのであればFalloutだって…と、信じたいんですけどね。あと1ヶ月でその辺の疑問も判明するとはいえ、海外メディアが先んじて検証データ的なものをアップしてくれないかなぁ。日本のメディアはしませんからね、誰に忖度してるのか知りませんが。Digital Foundryの検証データは今後もしばらく目が離せませんな。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。