Fallout 76 ウェイストランダーズ紀行 #01

ウェイストランダーズ1

大型アップデートのウェイストランダーズ、じっくり、ゆっくりストーリーを楽しみながら進めています。現在はダッチェスのクエストは一応全部クリアして、ベケットのクエストを攻略中です。ようやく自分のC.A.M.P.にバーができました。

集まれアパラチアの森

76発売当初、とにかく先が見たくて駆け足でロケーションを回ったり、メモ帳をろくに読まずに進めてしまったことが自分の中で後悔していたことでもあったので、今回はネットで情報を調べることなどもせず極力ファストトラベルもせず、あえて歩き回りながら変化したアパラチアを楽しんでいます(ファストトラベルするのはかつてのサバイバルサーバーのように、駅にのみ可能とか、セルフ縛りな状態です)。

そんなこんなで進み方もゆっくりなんですが、行く先々でこれまでとは違った敵と遭遇したり、ロケーションが微妙に変化していたり、あるいは新たなロケーションがあったりで、発売から一年半経つゲームですが、かなり楽しめています。

ウェイストランダーズ2

ベケットのクエストをある程度進めたせいかどうかは分かりませんが、C.A.M.P.に旅の商人が出現することもたまにあったりして、これまでよりゲームが賑やかになっているところもいいですね。こんな感じで他のプレイヤーだけでなくNPCも続々と寄ってくれると嬉しいなぁ。

ウェイストランダーズ3

しかも旅の商人は今回の大型アップデートで追加された(?)弾薬のスクラップとか、これまでにはなかったアイテムなんかも売っていますね…当然こちらのいらないアイテムも売り付けられるので、これは便利ですな。なんでこんな危険地帯をそんな軽装で歩き回っているんだって感じがしなくもないですがwまぁ4のクリケットのように、そのうちキャラバンなんかも追加されたらいいなぁなんて思っています。サーバー負担の関係上難しいとか、そういう問題もありそうですが。

ウェイストランダーズ4

追加されたクエストとシナリオについては想像していた以上に選択肢が出る機会が多く、会話パターンも豊富に用意されていて面白いですね。特定のS.P.E.C.I.A.L.が一定値ないと選べないものもチラホラ見かけますし、「スコーチ化した人間に止めを刺すか?それとも逃すか?」という生殺与奪的な選択肢もあったりして、すべての結末を網羅するのはなかなか骨が折れそうです。

これがオフラインのRPGであれば選択前にクイックセーブをしてどうなるのかを確かめることも簡単なわけですが、オンラインゲームだとそうはいかないところが難しいというか…本当の意味で取り返しのつかないことになるため、重要な場面は慎重に選ばないと後悔することになりそうなのが怖いですwまぁでも、だからこそ面白いとも言えますな。

派閥クエストもおそらくどっちにつくかで貰えるアイテムも全然違うんでしょうし、1周やっただけでは全体像を把握できない分岐が用意されてはいそうですね。

とは言え現状新たなバグも散見される状態ではありますが、クエストとシナリオの内容自体は非常に厚みが出た感があり、このウェイストランダーズ、配信までに時間がかかっただけになかなかいい出来具合になっているのではないかと今のところ感じています。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。