Staccal 2、およそ3年ぶりにアップデート

Staccal 2

iOS用カレンダーアプリとして配信中の「Staccal 2」が、2016年11月以来となるおよそ3年ぶりのアップデートをしました。

生きとったんかワレ!

およそ3年間も放置されていたアプリなだけにもう忘れてしまっていた人、初めてアプリの存在を知った人も多いかと思います。Staccal 2はiOSのデザインがスコット・フォーストールさんの手から離れフラットデザインと呼ばれるものになったiOS7の時代に発売されたカレンダーアプリですね。

僕は2の方は使ったことがないのですが、その前の初代Staccalに関してはとても綺麗なデザインが好きで使っていました。まだiPhoneが4とか4sの時代です(円高不況とか言われていた時代でしたが、MacBook Airなんかが79,800円で買えたようなとんでもない時代でもありました)。その後iMacを買ったりなんやらで標準アプリ同士の同期を重視して現在は標準カレンダーに戻ってしまいましたが、そんな今でもStaccalの美しさは忘れられませんねぇ。

標準カレンダー

現在(iOS13.1)のカレンダーのデザインが上の画像になりますが、正直言って当月表示でパッと見「いつ何が予定されているのか」が分かりにくいのは難点ですな。個人的にはmacOSのカレンダーデザインに近づけて欲しいのですが、iOSの標準カレンダーは我が道を行っている感ありますねぇ!

それに比べてStaccal 2(記事のアイキャッチ画像)は当月表示にカラフルな色で予定を一覧できるほか、ビュータイプの変更、テーマカラーの変更など好みのカスタマイズが可能だったり、さらにリマインダー機能も有しているのが特徴ですね。発売当時は「物欲を刺激するアプリ」とか言われていましたな。まぁでも確かに見た目の美しさやアプリのUIもユニークなので、iPhoneだけでスケジュール管理をしまくっている人には面白いアプリじゃないかと思います。

ただApp Storeを見るとまだまだ解決できていないバグが残っていることが記されていますので、そこは注意が必要です。とはいえ今後も継続的にメンテナンスはしていくとのことですので興味を持った方は使ってみてはいかがでしょうか。有料アプリですがその分上質なデザインですので使っていて楽しめると思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。