macOS Catalina正式リリース

macOS Catalina

本日よりMacの新OS「Catalina」が正式に配信開始となりましたね。来ちゃいましたなぁ、この時が。

カタリナ

読み方はカタリナで、前バージョンの「Mojave(モハベ)」よりは読みやすくていいですねwまぁカタリナなんて言われると僕はどうしてもロマサガ3を思い出しちゃうゲーム脳です。

このCatalinaの特徴はついにiTunesが廃止されたということですな。これまではMacにiPhoneやiPadをつなぐとiTunesが起動してそこでバックアップやらアプリなどの同期や整理ができたのですが、今後はFinderを使ってなんとかしろってことらしいですね。長年iTunesを使ってきた身としては寂しくもあります。それと32ビットアプリも起動できなくなったということで、人によってはそこが厳しいかもしれませんね。

まぁなんと言いますか、今後もこうやってジョブズ時代に作られたものがどんどん別のアプリや機能に変わっていき、消えていくのかしらんと思うところもありますが、それも時代の流れで仕方のないことなのかな。Mojaveまで見ても結構消えていっている機能ありますものね。

とはいえCatalinaからはiPadをセカンドディスプレイとして使えるようになったり、MacでもApple Arcadeに対応するなど新機能も続々と追加されていっているのも事実で、そこらへんは僕としても興味深いところではあります。

iMacに関していえばアップグレードの条件が2012年モデル以降ということで、今となっては結構古いiMacでもサポートしてくれているのは嬉しいですな。僕は今年になってようやくMojaveにした人間ですが、Catalinaについては今年中にやっちゃおうかなぁなんて風にも思っています。今はまだバグもそこそこありそうなんで、いくらか修正アップデートして落ち着いてからがベストかなと。なんやかんやで結構楽しみです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。