湖川友謙、ヤフオクで荒稼ぎの報

コーヒーブレイク

いやいや驚いちゃいましたよ、湖川友謙さんのニュースが流れているかと思ったら、なんだか哀しい内容ですね。

アニメのキャラクターデザインは別物?

リンク:「メーテル」のイラストをヤフオクに無断出品 「銀河鉄道999」アニメーターの強欲ぶり

デイリー新潮が報じるところによれば、湖川友謙さんがかつて自分が関わったアニメ、例えば銀河鉄道999のメーテルのイラストなどをここ3年間オークションサイトに毎月20点ほど出品して1点3〜5万、高いときで20万円ほどで落札されているという。ただこれが、著作権的にどうなのかということで問題になっているということですね。

記事には続けて、

数年前までは飲み会の代金すら払えないこともあった湖川氏は、急に羽振りが良くなったのだという。

「これまでに1千万円以上は稼いだのではないでしょうか。旅行に出たり、ブランドものの服も着るようになりました」

以前は飲み会のお金すら払えなかったなどと事実であれば哀しいことも書かれていますが、一千万以上稼いだってのはこれ仮にガチの金額だとしたらいろんな意味で相当なもんですなw仮に20点のイラストがすべて3万円で落札されたとして、月60万円。それが1年で720万円。3年に換算すると2000万を超えることになります。イラストを描くのに必要な画材を購入するにしても数百万はさすがにかからないだろうしなぁ。

一方当の湖川友謙さんは取材に対しヤフオクに出品している事実を認めた上で、

「松本さんは漫画のメーテル、私はアニメのメーテルを描いている。アニメ用のイラストは線が細く、簡略化されています。私がデザインしたものを勝手に描いて何が悪いんですか」

と開き直りとも思える発言をしちゃっていますが、さすがにヤバいと感じたのか出品していたものは取り下げたとのことですね。さらに記事の最後には弁護士のコメントとして「著作権侵害にあたります」とも言われちゃってますし、なんだか変なことになってきましたなぁ。

どう言い訳しようとも数万円で何度も取引されていた実績が3年前から残っている以上、言い訳は厳しいんじゃないかと僕は思います。湖川友謙さんといえばそりゃ僕もイデオンやダンバインといった作品は好きですし、1980年代を代表するアニメーターの一人だとは思いますよ。ただこれはいくらなんでもやりすぎちゃった感ありますねぇ…。

まぁ松本零士先生やサンライズがどう動くかは分かりませんが、金額も金額ですし、とんでもない事態になってもおかしくなさそうな気はします。ファンの一人として湖川友謙さんがこういうニュースで話題になるというのはちょっと残念です。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。