オープンワールドゲーム「Generation Zero」日本語ローカライズはPS4のみ?

Generation Zero

1980年代のスウェーデンを舞台にしたオープンワールドゲーム「Generation Zero」の日本語版がPS4で発売されるそうですが、Xbox OneとPCは現在のところ日本語対応しているのかいないのか、ちょっと不明のようですね…。

公式サイトは日本語に対応

リンク:Generation Zero公式サイト

このゲームは僕自身以前から「結構面白そうかも?」と注目はしていたのですが、発表当初は日本向けにローカライズされるかどうかは不明でした。それがここにきてPS4では日本語対応で発売と正式に発表され、また公式サイトもしっかり日本語対応されたものが作られました。

公式サイトの予約ページを見るとPC/PS4/Xbox Oneそれぞれのオンラインストアのページにリンクが貼られており、PS4をクリックすると日本のPSストアの予約ページに飛びます。ですがXbox Oneの方はというと、「お探しのページは見つかりませんでした。」と、今のところ日本のMicrosoftストアでは販売の予定がないみたいですね。

PSストアの表記を見ると日本のメーカーが翻訳して代理販売するような形ではなく、開発のAvalanche Studios自身が日本でも販売という形なんですね。しかも価格が4,860円と、新作のゲームにしてはやけに安いですな。なおSteamでは3,600円となっています。こちらの方も日本語対応しているのかどうか不明ですが…。

Apexエンジンというもので作られているそうでビジュアルはパッと見かっこいいし、徘徊している無骨な機械の敵も好きなデザインなだけに日本のXbox Oneでは日本語訳されたものが出る予定になさそうなのが残念ッス。

まぁ北米ストアから買うという手もあるし、それこそPS4も持っているからそっちで買うということもできますが、Xboxでゴールドに入ってPS Plusにも入るってのはどうも気がひけるというか。いずれ日本のXbox Oneにも日本語版出してもらいたいところです。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。