「A Plague Tale Innocence」をゲームパスで始めました #02

A Plague Tale Innocence2

中世のフランスを舞台にしたアドベンチャーゲーム「A Plague Tale Innocence」、なんとかクリアできました。いや〜疲れた。

最後の最後まで死にゲー

10章ぐらいで終わるのかなーとか思いつつ遊んでいましたが、全17章とそこそこ長かったゲームでしたな。とはいっても最終章含め戦闘や探索がなく会話だけですぐ終わる章が確か3つあったので、厳密に言えば14ステージのクリアで終わるという…エンディング後にプレイ時間を確認したら15時間でした。となると1ステージ1時間ちょいというところですか。

A Plague Tale Innocence3

ラストバトル、画面の奥でそびえ立っているのはネズミの塊…。

ゲーム全体の感想ですが、個人的には結構難しかったゲームだな、と。陰鬱としたストーリーやグラフィックは結構好みだし、声優さんの演技もうまくて続きが気になる物語であったところは良かったですし、グラフィックも凝っていたと思います。特にネズミに食い散らかされた遺体の数々で埋められた街並みとか、日本のゲームじゃなかなか見られない光景ですね。臭ってきそうな、エグいテイストも多かったのは○。

一方で辛かったと感じたのは戦闘面における「死にゲー感」ですね。HPという概念がなく、とにかく一撃もらったら即死というのがずーっと続き、回復薬がぶ飲みでゴリ押しとか、そういう戦法が許されないのが個人的にはキツかったなぁ。今時こういうゲームバランスは珍しい方ですかね。ちょっとのミスも命取りになるというのはある意味ハラハラ、ドキドキするものですが、終盤は苦痛でした、正直。終盤は敵の攻撃も激しいですし。

そう考えると結構人を選ぶゲームなのかなぁって気もします。僕は意地でクリアしましたけど、投げ出す人が多くても不思議じゃないというか。自分自身何度もやられてウンザリしたって場面もいくつかあったので、物語は面白いけど人には勧めづらいかなっていうのが正直な感想です。それと、「次にどこに行くべきか」「何をするべきか」というのが分かりづらい場面もちょいちょいあったので、向かうべき方向や調べる場所にマーカーが表示されてくれるともっと良かった。これについてはFallout 76の方がよっぽど親切だなと感じたほどでした。全体マップとかもないですし、不便だなと思う点も多々あった感じ。

まぁともかく、無事クリアできて良かったですが、結構疲れたなぁ…ステルスよりは「どうあがいても一撃で死ぬ」という要素の方に苦労したかな。やはり僕は回復アイテムがぶ飲みでゴリ押しできるゲームの方が自分に合っているようだということが、よくわかった一本でした。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。