reCAPTCHA v3をブログに導入しました

コーヒーブレイク

WordPressのプラグインの一つ、「Contact Form 7」がアップデートし「reCAPTCHA v3」に対応したということで、早速ブログに導入してみました。

もはや全自動判別の時代

そもそも「reCAPTCHAってなんだよ」っていう方も多いかと思うのですが、これは色んなサイトで使われている人間とロボットを判別するためのツールですね。

reCAPTCHA

reCAPTCHA

上の画像にある「私はロボットではありません」というチェックボックスがそれで、これをクリックすると歪んだ文字がなんであるかを入力させられたり、「車の写っている画像を全部選んでください」といったクイズをさせられてたやつです。多分多くの方が見たことはあると思いますし、僕自身も今年の秋からスパム対策にと導入していました。

汎用サムネイル1

スパムメールに頭にきたのでreCAPTCHAを実装しブロックした件

2018年9月5日

酷い時で1日に2通スパムメールが送られてきたりしていましたが、reCAPTCHAを導入してからはほとんどなくなりましたね、実際。ここ数ヶ月使って全部で5通も来ていないってぐらいで、かなりロボットをブロックしてくれているようでした。ただ、それでも完全ではないんですよね。

そこで今回Googleが本格リリースしたreCAPTCHAのバージョン3なのですが、これは旧バージョンとは違って、クイズはなくなりました。ではどうなったのかというと…、何もないです。ええ、文字通り、何もなくなりました

実際このブログのお問い合わせページを確認してもらえば分かりますが、これまで送信ボタンの上に存在していたreCAPTCHAのチェックボックス「私はロボットではありません」そのものがないです。しかしreCAPTCHA自体はちゃんと働いていて、このバージョン3からは自動で人間か、ロボットなのかを判別するようになったとのことです。

導入の仕方はContact Form 7のページで解説されていますので、すぐに導入できます。すごく簡単です。承認のためのキーコードさえ入力してしまえば、フォームタグすら必要ないとのことです。

これで一体どうやって人間とロボットを判別するのかってことですが、「リスク分析エンジンによりユーザーのサイト内の行動に照らし合わせてボットかどうかを判断する」という理屈とのこと。なんでも人間らしいアクション、ロボットらしいアクションを分析し、それで自動判別するってことみたいなんですけど…ほんまかいなって感じがしなくもない^_^;

まぁ理屈はともかく、ちょっと監視社会的な怖さというのも若干感じるのですが、これまでとは違ってクイズをさせられることがなくなったのは嬉しい改良点です。なにはともあれこうしたシステムをGoogleが率先して開発し、個人でも企業でも無料で使用できるようにしてくれている限り、Googleの天下は続くのかなって気もします。誤動作の心配とかないのだろうかと思うところもあるにせよ、サイト運営者の方は導入してみてはいかがでしょうか。これでスパムメールがまったく来なくなったらほんと万々歳ですが…。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。