Fallout 76プレイ感想 #12 〜いざブラストゾーンへ〜

Fallout 76 アイキャッチ画像

Fallout 76、今回はメインクエストはやらずにやり残していたサブクエストを進めつつレベル上げをしていました。またC.A.M.P.も移動し、拠点を整備し直しました。

大テント

しばらくの間小さなテントを張ってその場しのぎのような拠点を作っていたのですが、今回は大きなテントの設計図を買って、以前よりはましな拠点を作ろうと場所を移動。とりあえず比較的平面な土地を…とさまよい歩いていたらアイキャッチ画像の場所へたどり着き、C.A.M.P.を設置、拠点を再構築しました。

形としてはまずは大きなテントを張って、その周りに各種作業台を設置、そしてクリーチャーの襲撃に備えて周囲を柵で囲ったり、その柵の前に罠を仕掛けたりと、以前よりは防御に力を入れました。あと草がぼうぼうに生えていて分かりづらいですが、敷地の端っこには野菜を植えたり、浄水器できれいな水の生産をしたりと、まぁこれで最低限のライフラインは揃えられたかなと。あとは楽器なんかを置いて演奏できるような、ちょっとシャレた要素も入れたいところですね。

欲を言えばもう少し草が少ないところが良かったのですが、平面で草が少なくて…というのは見付けづらく、とりあえず今はここに落ち着こうと妥協しました。いずれはそういう土地を見つけたいところであります。

ところでこの場所、なぜだかリス、ニワトリ、ビーバー、カエルといった小動物が高確率で迷い込んでくるのでそこは気に入ってます。以前の拠点にはそんなのなかったからなぁ。場所によって小動物がスポーンしやすい場所っていうのがあるみたいですね。なんかほっこりしますぞ。いざとなれば食糧にもなりますしw

ブラックチタン集め

Fallout 76 チーム結成

拠点を移したさいのこと、ガラハン鉱業本社のサブクエストをクリアしようと材料集めをしていました。ご存知の方も多いかと思うのですが、このガラハン鉱業本社のサブクエストをクリアするとパワーアーマーステーションの設計図を入手できるのですが、そのためには「エクスカベーターアーマー」をクラフトしなければなりません。そしてそのエクスカベーターアーマーを作るためにはブラックチタンやネジ、スプリングといった素材が必要となります。

ネジやスプリングはそこらへんのジャンク品を分解すれば簡単に手に入りますが(欲しいジャンク品にはタグをつけておくと良い)、ブラックチタンだけはちょっと面倒なんですよね。どうやって集めればいいんだろうとググってみたら、マップ南部によく出現するモールマイナーのドロップアイテムを分解するかデクスローを倒して入手するかという2パターンあるようでしたので、前者で集めることにしました。

とはいえ素材集めのために戦うのもちょっとだるいなーなんて思いながらガラハン鉱業本社にファストトラベルしたところ、そこで偶然戦っていた他のプレイヤーさんにチームに誘われたのでそれならばと合流。南部をチームでさまよいながらモールマイナー狩りをし、ロケーション周りなんかもこなしつつブラックチタン集めを無事完了できました。いやぁ、楽しかったw素材集めなんていう普通ならちょっとだるい作業も、これならば一人で黙々と続けるより楽しくこなせますね。

Fallout 76 エクスカベーターアーマー

エクスカベーターアーマーはパワーアーマーとしては特別強いってわけじゃなさそうなんですが、「採掘量がアップする」という特殊効果持ちなのが特徴みたいですね。マップに点在している採掘ポイントを効率よく回れば…というところですか。レア鉱石もあるでしょうから、そういうときのために一応スタッシュに保存しておくことにしました。

Fallout 76 迷彩仕様パワーアーマー

このクエストをクリアしたことでパワーアーマーステーションの設計図も手に入れ、これでようやくすべてての作業台を拠点に揃えることができるようになりました。早速パワーアーマーを修理しつつ、ショップで購入した迷彩ペイントを施し記念撮影。あとはT-60の頭が欲しいところだなぁ。

ブラストゾーン

拠点の整備とパワーアーマーの新調も終わったところで一旦ログアウトして休憩を取り、その後再開したところ…チャールストン周辺がブラストゾーンなる、いかにもヤバげな状態に。

Fallout 76 ブラストゾーン1

一瞬「ファッ!?」と驚きましたが、う〜むどうやら誰かが核を落としたんですかね。こんなの見たの初めてです。ワールドに入ったときには既にこうなっていたので詳しいことは分かりませんが、せっかくなので行ってみるか!と、パワーアーマーを着込んで突入してみました。

Fallout 76 ブラストゾーン2

するとどうでしょう…あたり一面は核の炎に包まれたような状態に。しばらくさまよっているとレベル68のスコーチや、レベル50のプロテクトロンなど高レベルな敵がワラワラと徘徊していました。こちらもパワーアーマーを装備しているとはいえ、さすがにレベル50とか60の敵となると結構ダメージをくらいますね。

Fallout 76 ブラストゾーン3

しばらく敵を狩りながらさまよっていたら、こんなヤバいところへ警察官の格好で乗り込んできたレベル20台の勇者と遭遇、チームを組んで一緒に狩りを楽しみました。

しばらく戦っていて分かったのはブラストゾーン内の敵はその種族の最高ランクに変化するっぽいということで、スーパーミュータントもウォーロードばかりになっていました。奴らのレベルも相当高かったですが、しかしその分倒したときの入手経験値も一匹倒しただけで350とか貰えていたのでレベル上げにはかなりいいですね。入手経験値がアップするようなPerkがあればさらにレベル上げも捗りそうですな。

しかしデスクローやガルパー、アングラーといったクリーチャーが出現するところがブラストゾーンになったらどうなるんだろうって興味もありますが…さすがにもうちょっと強くならないとキツいかな?まぁレベル上げを加速させたいという方は、ブラストゾーンを見かけたら飛び込んでみるといいかもしれませんね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。