Fallout 76 PTS、血濡れナーフ?

Fallout 76

プライベートテストサーバーのデータが更新されて次期アップデートの要素などが徐々に公開されていますが、中でも注目を浴びているのが戦闘バランスに関する変更のようですな。

血濡れとジャンキー武器の修正

国内外含めいろいろな方の配信動画やら5ちゃんねるの情報を読みましたが、現時点では血濡れとジャンキー武器のダメージ倍率が下方修正されているというのは確実で、ある程度弱くなっているようですね。

逆に対アーマーや猛烈なんかは特に変更点がないとのことで、地位が向上しているとか…まぁ向上したというよりは他が下がったので結果としてデメリットなしで安定した強さを誇るレジェンダリー効果として注目が高まっているらしいですな。

僕はつい先日対アーマーPAから血濡れ民にクラスチェンジしたばかりなんですが…いやぁ、こりゃ早まったかなぁwとは言ってもまだあくまでこれはPTS内でのことですし、決定事項というわけではないので、最終的にどう実装されるかは謎です。これから色々とまた修正が入るとは思います。

対アーマー爆発ハンドメイド

僕はといえば以前の対アーマー武器はいくつか残していまして、ファイナルワードとか、対アーマー爆発ハンドメイドも現在サブ武器として使っています。なので最終的にどうなるのかは分かりませんが、一応対アーマー武器はこのままいくつか念のため残しておこうかなと考えてます。もしかしたらB.O.S.シナリオ追加と同時にパワーアーマー救済策のようなものが実装されるかもしれませんし(というかして欲しい)、そうなったらまたPAに戻るのもアリなのかな?みたいな。

はたして戦闘バランス調整がどうなるのか、そもそもベセスダにそんな器用さを求められることがうまくできるのかどうか不透明ですが、ある程度の「保険」は今から準備しておいた方がいいかもしれませんね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。