Fallout 76 血濡れで挑むスコビクイーン

Fallout 76 スコーチビーストクイーン

先日血濡れビルドに転向したわけですが、この状態でスコーチビーストクイーンにどの程度ダメージを与えられるのかちょっと試してみました。

バフなし

どういう構成で挑んでいるかは関連記事をご一読ください。

ATLASのドナーの物資

Fallout 76 血濡れビルドにしてみた結果

2020年8月5日

結果としては射程の適性距離内でのダメージで、ヘッドショットは190前後、クリティカルとなると337ダメージとなっていました。ただこれはサイコタスなどのダメージバフ系アイテムを未使用での結果ですので、バフアイテムをしこたま盛った状態にすればまだまだダメージは伸びるはずです。

まぁスコビが着地した状態でやれよって話なんですが、お兄さん許して。

やってて思ったのはやはり発射速度アップのレジェンダリーが欲しいなぁってところですかね。そうすればもっと一気にガリガリ削れますし、それこそプライムレシーバー化すればダメージそのものもさらに伸びるはずですから、まだまだやりようはあるのかなと。あとはADRENALINEをもっと積むとかもありますね(現状ではランク1)。

にしてもスコビクイーンのダメージカット補正は公式には「本来のダメージの30%をカットする」と発表されているものの、実のところこれが内部データ上は「本来のダメージの30%しか与えない(つまり70%カット)」にバグっているという噂もありますね。例えば仮に本来のダメージ計算上スコビクイーンに100ダメージ与えるとしたら、

  • 本来のダメージの30%をカットする:最終ダメージは70。
  • 本来のダメージの30%しか与えない:最終ダメージは30。

ということらしいです。あくまで噂だしデータを解析したわけじゃないので本当のところどうなのか分かりませんが、それでも倒せちゃっているのでベセスダも放っておいているとかなんとか…w

まぁいずれにしても血濡れビルドで血濡れ武器に合致したPerkをきっちり準備しておかないと、そもそも一撃100ダメージを超すというのもなかなか見れないんじゃないですかね。そういう意味でやっぱり血濡れってすごく強いんだなというのがよく分かります。

何はともあれADRENALINEとかバフアイテム含めて、もう少し対ボス戦用に突き詰めて行こうかなと考えています。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。