FFⅫ ザ ゾディアック エイジ 60fpsで征くイヴァリース紀行 #07

FF12 TZA フォーン海岸

ウェミダー!…というわけでフォーン海岸までゲームを進めました。ここに来るまでブルオミシェイス〜モスフォーラ山地〜サリカ樹林と、それぞれに景色が全然異なるロケーション巡りで面白いですね。

イヴァリースの物語を覚えている者は幸せである

物語としてはこれから帝都アルケイディスに行ってあのクッソだるいリーフ集めをすることになるのですが、登場人物の動きが慌ただしくなってくるのもこのあたりからですな。

FF12 TZA アルシド

まずはラーサーの父であるグラミス皇帝が暗札されたことを伝えるアルシド。「アルシド」と聞いて「アルシンドになっちゃうよ」をどうしても思い出す私は間違いなくオッサンです。

そんでまぁここからヴェインが皇帝の暗札の罪を元老院になすりつけ自分は臨時独裁官となり、シド、ヴェーネスと共に野望実現のため本格的に動き出すと。怖いなー。でも元老院はラーサーを操り傀儡的な政治を目論んでいたところがあり、手段はどうであれラーサーを護っていることには繋がっているんですよね。まぁ遅かれ早かれ元老院はヴェインに血の粛清を受ける運命にあったとは思いますが。

ところでこのアルシドの声というか演技なんですけど…改めて見直すとちょっとゴニョゴニョとした気持ちに僕はなるのですが…。なんというか、まぁ、うん、その…。

FF12 TZA ボウガン

話は変わりましてジョブについてです。以前も書きましたがフランネキを弓+時空にしておるわけですが、せっかくだからということで現在はボウガンを装備させています。無印のときは弓ばかりでボウガンなんて使ったことがなかったのですが、矢を変えることでスロウを付与できたりドンアクを付与できたりとでなかなか便利ですね。

まぁドンアクはボウガンで付与するより魔法でドンアクをかけた方が便利ですけど(複数範囲だし)、スロウに関してはボスやモブに効くことも多くていいですね。なので今のところガンビットには「敵が3体以上のときドンアク」を指定しつつ、あとは盗むとスロウ撃ちこみでフランネキを運用しています。ボス戦のときは優先的にデコイを加えますが、ザコ戦だとこれで十分かなと。

ただ時空はHPアップのライセンスがほとんどないのが欠点ですね。単独で見たら白魔や黒魔よりHPが低くなってしまうぐらいで、他のHPアップ多めなジョブと組み合わせないとどうにもこうにも貧弱すぎて話にならないかも…。逆に行動短縮や力アップは多いので、ナイトやもののふ、シカリのサブとして加えるといい塩梅になるのかな?という気はします。

FF12 TZA ライセンスボード

またジョブの組み合わせに加えて召喚獣のライセンスも難しいですな。マティウスを取って知りましたけど、召喚獣がライセンスボードの飛び地への橋になるので、何も考えずに取るというのは難しいですね。召喚獣は一人3つまでで、召喚獣のライセンスが出現しないことにはどこに橋ができるのか分からない。なので極端な話すべての召喚獣を倒してからじゃないとやり辛いというか。

いくらXbox One/Switch版ではライセンスリセット機能が追加されたとはいえ、ここまでくるとライセンスをリセットして元の状態まで戻すのは結構大変だしなぁ。まぁ召喚獣はストーリー進行のためベリアスを強制的に使わされる以外は基本使わなくてもいいはずなので、とりあえず様子見ですね。貴重なアイテムや技・魔法のライセンスを取れなくなってやり直し、はさすがに勘弁してくれって感じだし。なんか想像していた以上に無印よりライセンスボードが複雑ッス。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。