Fallout 76 Martial Artistの検証

Fallout 76 Martial Artist

Fallout 76には「Martial Artist」という近接武器の攻撃速度を速めるPerkがありますが、このPerkが具体的にどういった効果を出すのか、簡単にではありますが検証してみました。

両手武器使いには重要?

Martial ArtistはSTR系のPerkで、その効果は近接武器の重量を軽くし、しかも攻撃速度を速めるというもの。具体的には、

  • ランク1:近接武器の重量が20%軽くなり、振る速度が10%速くなる。
  • ランク2:近接武器の重量が40%軽くなり、振る速度が20%速くなる。
  • ランク3:近接武器の重量が60%軽くなり、振る速度が30%速くなる。

近接武器の重量については片手武器はそれほど重くはありませんが、両手武器、特にスレッジハンマーなどハンマー系は圧倒的に攻撃力が高い反面、重くて攻撃速度も遅いという欠点があります。Martial Artistは基本的にはこうした重い両手武器の欠点を打ち消すためのPerkという感じがします。

しかし速度が速まるといってもどの程度違ってくるのかというのは見比べてみないと違いが分かり辛いといった部分もあり、本当に取る必要のあるPerkなのかどうか、迷っている方も多いのでは。

今回は偶然、「攻撃速度が40%上昇する」というレジェンダリー効果が付与されたつるはしを手に入れたので、そこらへんに落ちている普通のつるはしと、Martial Artistの効果とレジェンダリー効果を併せた上で速度にどのような違いが出るものなのか、その差を動画で撮影し比較検証してみました。

ニコニコにも同じ動画をアップしましたので、ニコニコユーザーの方はこちらのページで視聴してみてください。

個人的な感想なのですが、Martial Artistのみの効果だと「まぁこんなものなのかな」という程度なものの、そこへレジェンダリー効果が併さることでまるで片手武器のごとくブンブンと振り回すことができるようになり、攻撃時のスキがかなり減ることが実感できました。実際使ってみるととても便利で、攻撃速度上昇の効果のありがたみは強く感じます。

ただレジェンダリー効果は完全にランダム要素ですから、狙ってつけられるわけではないため、お気に入りの近接武器に付くかどうかというのは本当に運でしかありません。

しかしこれがもしレベル50のスーパースレッジならとんでもなく強力というか、単純に凶悪な武器として活躍しそうではありますね。そういうロマンを追ってレジェンダリー武器の厳選に励むのも面白い…かも?両手武器使いの方は速度アップレジェンダリー付き武器を狙ってみるのも良いのではないかと思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。