真空断熱タンブラー「プレミアム贅」で夏を乗り切る!

プレミアム贅1

今回はゲームとは全然関係のない話で恐縮なのですが…パール金属の真空断熱タンブラー「プレミアム贅」を買ってみました。

真空断熱タンブラーとは

真空断熱タンブラーとは、保冷保温に優れたステンレス製のグラスのことで、簡単に言えば夏場冷たい飲み物を入れてもグラスの周りに水滴が出ないですし、温度も数時間冷たいままキープすることができます。温かい飲み物の場合でも同様に、温度を数時間温かいままキープできます。

夏場の場合は冷たいままでかつ、水滴でビチョビチョにならないので便利ですね。

プレミアム贅2

メーカーであるパール金属は新潟県の三条市にある会社で、この三条市は他にもこうした金属製品を作る会社がたくさんあることで有名ですね。あと研磨の工場なんかもたくさんあったと思います。一昔前は「職人の町」的な感じで宣伝していたこともありました(現在はどうなのか詳しくは知りませんが…)。

箱から取り出してみるとタンブラーの表面は六角形の微妙な凹凸加工が施されており、ツルツルではありません。これが「滑りやすさ」を防ぐ効果を発揮しているらしく、飲むときはもちろんですが洗うときなんかも少し便利っぽいです。

左がプレミアム贅、右がサーモス

実のところ僕はこれまで同じく真空断熱タンブラーとして有名なサーモスのタンブラーを愛用していたのですが、ほんの少し細長くて洗うとき苦労するんですね、底を洗うのに。サーモスの方は400mlモデルを買ったのですが、洗うときに苦労するなぁという反省があったので、今回のプレミアム贅ではちょっと短めな350mlモデルにしました。僕的にはちょうどいい感じです。

で、真空断熱タンブラーという点では機能的にははっきり言いましてどちらも一緒です。ではこの二つの商品どこに大きな違いがあるのかと言いますと、それはステンレスの厚みと重さですね。プレミアム贅の方はタンブラーに厚みがあり、飲むときに唇が当たる「フチ」の部分はゆったりとした丸みがあります。そのため、飲むときに感じる唇への感触が優しいです。また手に持った感触はやや重く感じました。

逆にサーモスの方はタンブラーの厚みが薄めで軽いです。厚みが薄めな分、唇が当たる「フチ」の部分も薄く、若干鋭さを感じます。当然切れるような鋭さではありませんが、比較するとプレミアム贅とサーモスとではここが全然違うと感じます。

選ぶポイントはそういうところになるんじゃないでしょうか。手に持った感触が少しずっしりして丸みがあるフチのプレミアム贅、薄くて軽めな感触が好きならサーモス、という感じで。これは実際に使ってみないと好みの決着がつかない部分でもありますが、どの真空断熱タンブラーを買えばいいか迷っている方は一つの参考にしてみてください。

とりあえず僕はこのプレミアム贅、程よい大きさと唇への丸みのある感触が気に入りました。ここ数年間サーモスを使い続けてきましたが、これからはプレミアム贅を中心に使っていこうかなと商品に満足しています。夏の水滴によるビチョビチョに困っている方は真空断熱タンブラーをぜひ試してみてください。ちなみに350mlモデル以外にも、280ml、430mlも用意されています。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。