あえて今、ゲームパスでアンセムをやる

アンセム 1

今更ですが、ゲームパスでEAのアンセムを遊んでみました。

アンセム76

アンセムは去年だったか、再出発計画が中止となり、実質ゲームとしては終わった感じのタイトルですね。開発はバイオウェア、ついこの前ここが開発した「マスエフェクト」をゲーパスでクリアしたばかりということで、ちょっと遊んでみることにしました。

アンセム 2

とりあえず最初のチュートリアル的な任務を終えて実績を解除したところまで進めてみましたが、フィールドをピョンピョン跳ね回り、ビュンビュン飛び回るという、操作していて楽しいゲームですね。XSXではFPSブーストがかかり60fpsになるため、スムーズな操作性でよかったです(ただXSSではFPSブースト非対応らしい)。だからこそ思うのですが、30fps動作だった前世代機では結構きつかったんじゃないかな、と。そもそもこの目まぐるしく動き回る必要のあるゲームで30fpsを維持できていたのかというのもちょっと怪しいですね。

このゲーム、発売当時はバグが多すぎたりサーバーの不具合が多すぎたりとかで炎上し、挙句の果てには「アンセム76」なんていう不名誉な呼び方まで生まれてしまっていましたが、動き回る、飛び跳ねるといった操作が気持ちいいだけに、再出発計画が中止になったのは残念なところではありますな。EA的にはエイペックスが世界的にヒットしたからもういらない子扱いになってしまったんでしょうか。なんかもったいない気もしますね。グラフィックセンスもいいし、フィールドも多彩で綺麗だし…発売当時CSで買ってはみたものの投げたという人も、XSXで遊ぶと印象もガラリと変わるのでは?と、私は訴えたい。

一応ライブサービス(チャレンジなど)の要素は今でも継続されていますし、ゲームパスで試しに遊んでみるのもいいんじゃないでしょうか。サーバーの問題とかは仕方ない部分があったにせよ、この自由に動き回れる操作性はほんと楽しい。まぁとりあえずもうちょっと進めてみたいと思っています。いずれこのゲームが見直されるといいですね。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。