Cyberpunk 2077 ヤイバクサナギ、ゲットだぜ

ヤイバクサナギ

このゲーム、次から次へと車販売の情報が入ってくるものの、さすがに高くてなかなか買えなかったのですが、なんとかお金を工面してワカコからヤイバクサナギを購入しました。いいッスねぇ、これ!

ガソリンの概念はない

Cyberpunk 2077にはファストトラベルの機能もあり、広大なフィールドをクエストで行き来するにはそれが便利ではあるのですが、ウィッチャー3のように「特定の場所に行かないとファストトラベルできない」というシステムであるため、自由に往来できないのは賛否両論あるところかも。PC版のウィッチャー3だと自由にファストトラベルできるようになるMODとか出ましたけどね。やっぱり不満に思う人も多かったのでしょう。

僕はというと最初は車移動とファストトラベルで半々だったのですが、このヤイバクサナギを手に入れてからは多少遠くてもこいつで移動しています。なんかそれぐらい、バイクで街を走りまわるのが楽しくて、めっちゃ気に入っています。ガソリンの概念もないので自由に好きなだけ走りまわれるのもいいですね。いっそのこといずれ「ファストトラベル禁止」縛りでゲームを通しで遊んでみようかなと思っているぐらい…すごく作り込まれた、複雑な街並みだからこそ楽しいです。個人的にはこれまで遊んできたオープンワールドのゲームの中でもズバ抜けて作り込まれた街、フィールドになっていると感じます。

オルト・カニンガム

そしてストーリーについてはかつてジョニー・シルヴァーハンドの彼女というかアレだったオルト・カニンガムを巡るクエストや、ヨリノブ・アラサカの妹、ハナコに真実を伝えるところまで進めました。まぁそれはいいんですけど、一方で序盤に出てきたとある人物が死んでしまって…「もしかして選択肢ミスった?」というような後悔も少ししていますwウィッチャー3も選択肢次第でサブキャラたちのその後の生存が左右されましたからねぇ…どうも今回もそれっぽいんだよなぁ。

とにかくこのゲーム、選択肢がこれでもかってぐらいどんどん出てくるシナリオになっているので、どれがどう影響していくのか把握するのは難しそうではありますね。それこそ海外ではすでに発売済みの攻略本が日本でも翻訳されて発売されてほしいです。レアアイテムとかも取り逃がしたくないですしねぇ。価格にして3000円とかになりそうですが、僕は欲しい。時間かかってもいいから翻訳されて出てくれないかな。

あとそれと先日のアップデートでゲームのバージョンが1.04になりましたが、このアップデートからXSXでのクイックレジュームでの起動速度がかなり速くなったような気がするのは僕だけでしょうか?発売日とかはクイックレジュームで起動しても少し時間がかかる感じでしたが(と言っても10秒もなかったと思うけど)、現在はクイックレジュームで起動すると本当に即座にゲームを再開できてめっちゃ便利になった気がしますね。なんつーか、スマホのアプリ立ち上げる感覚なぐらいすぐゲームを再開できるという。やべぇ、やっぱ便利だこの機能。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。