ゲームパスでドラゴンクエストXI S始めました #05

ドラゴンクエストXI S 1

ゲーパスで遊ぶドラクエ11s、キラゴルドを倒してイエローオーブを取り返すところまで進めました。このところボスラッシュが続いている感じですが、そろそろ終わりも近づいている証拠ですかね。

闇堕ち

いや〜それにしても闇堕ちしたマルティナ、格好といい、台詞といい、対魔忍の闇堕ちエンドかと思いましたぞ。無事正気に戻ってしまったのがちょっと残念なぐらいではあります。

しかしなぜマルティナが闇堕ちしたのかといった経緯については、事前にドラクエ4みたいな個別のエピソードをプレイすることで判明するのですが、どうやらこの個別エピソードというのが11sにおける追加シナリオみたいですね。発売当時配信で見てたときはこんなのなかったよーなと記憶してたのですが、調べてみたらそうらしい。

ドラゴンクエストXI S 2

追加エピソードの中ではシルビア編が個人的には面白かったです。というのもフィールド上で敵に先制攻撃を仕掛けるとシルビアががきデカの「死刑!」のポーズを取るんですよね。上の画像がそれですが、こんな昭和のギャグをまさかここでねじ込んでくるとは思わなんだ。現代のキッズ知らんでしょ、これ…。

ドラゴンクエストXI S 3

それとフールフールという中ボスの声がフリーザ役でお馴染みの中尾隆聖さんで、「このわたしをここまでコケにしたおバカさん達は…」というフリーザの台詞のパロディを言わせたり、「ドラクエも随分思い切ったネタをぶっ込んできたなぁ」と思いましたねwえ、こんなパロディ入れてくるゲームでしたっけ?

声優さんで言えばこのほかにも主人公の父親役に堀内賢雄さん、母親役に井上喜久子さん、ゾルデとかいうボス役に若本規夫さんとか、ベテラン声優をこれでもかと注ぎ込んできており、豪勢ではありますなぁ。
ドラゴンクエストXI S 4

男同士、密室、7日間。何も起きないはずがなく…

まぁそんなギャグっぽい一面もあるドラクエ11sではありますが、ゲーム終盤ともなるとボスがかなり強くなりますね。というのもゲーム終盤に入ってからのボスは「2回行動+全体攻撃+状態異常バラマキ」といった行動がデフォルトになっており、行動不能からどうやって立て直していくかがテーマみたいなところがありますな。ゲーム序盤から中盤にかけてはボス戦でも「え、もう終わり?」といった弱いボスばかりだったので、尚更急激に強くなった印象を受けます。

今のところキラゴルド戦までの戦い方としては、

  • シルビアがバイキルトを勇者とグレイグにかける。
  • ロウがルカニをボスにかける。
  • 勇者ははやぶさ斬り、グレイグは全身全霊斬りを使う。

というパターンで一応倒せています。シルビアはハッスルダンスで回復もできるし、ツッコミで眠りや混乱を回復できるのも便利なので、ボス戦だと重宝しますね。

不本意ではあるのですがこの野郎4人パーティーでボスをなんとなく倒せてしまうのが悔しいwだってバイキルトにルカニという、ボス戦クリアに鉄板の呪文使える組み合わせだもんなぁ。はたして残りのボスもこれで倒せてしまうのだろうか…。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。