Fallout 4 Creation Club「Noir Penthouse」

Noir Penthouse1

現在半額セールとなっているCreation Clubの「Noir Penthouse」、どういった内容になっているのかご紹介します。

独自クエスト攻略手順

これまでもCreation Clubでは新たな家具がクラフトできるようになるアイテムはありましたがNoir Penthouseはちょっと特殊で、インストール後に発生する独自クエストをクリアすることで追加家具をクラフトできるようになります。手順としては、

  1. ラジオでStrange Signalを受信し聴く。
  2. ケンブリッジのキャンパス法務オフィスに設置されたターミナルを調べる。
  3. フェアライン・ヒル私有地の人造人間「B-263」を調べ、ミッションログを調べる。
  4. ハブシティ自動車解体場とバックストリート・アパレルに出現する人造人間を倒す。
  5. ユニバーシティ・ポイントの大学信用組合に設置されているターミナルを調べ、メッセージを確認する。
  6. パーク・ストリート駅東側の路地のメールボックスから「Noir Penthouse Key」を拾う。
  7. ハブ360内にあるNoir Penthouseへ入る。

といったものになっています。クリアまでの過程が結構長いですね。

補足事項

Noir Penthouse2

手順3のフェアライン・ヒル私有地では民家の2階に人造人間が倒れており、彼からユニークアイテムである「Detective Coat」と「Early Retirement」というアイテムをゲットすることができます。

この2つのアイテムにはそれぞれレジェンダリー効果が付与されており、「Detective Coat」はロボットからのダメージを15%軽減、また「Early Retirement」の方は人造人間へのダメージが25%アップという.44ピストルになっています。

クエストの詳しい内容は英語なのでよく分かりませんでしたが、おそらくは脱走してレイダー/ガンナーとなってしまった不良人造人間を処分するコーサーの仕事を主人公が引き継ぐ、という内容っぽいです。

Noir Penthouse3

似たようなクエストはインスティチュートクエストにもありましたが、このクエストで出てくる二人の不良人造人間「CPT.JANSSEN」と「BURNER」はどちらも主人公とレベル同期型となっており、ちょっと手強い調整になっています。ステルスアタックでヘッドショット決めるなどして素早く片付けないと、少し面倒かもしれません。

クエストのオプション

なお手順4については、手順5の大学信用組合のターミナルを先に調べることでスキップすることもできます。不良人造人間を倒すのが難しい場合や面倒だと感じる場合はこの手段で飛ばしてしまいましょう。スキップしてもクエストはクリアできます。

Noir Penthouse6

鍵を手に入れるとペントハウスの場所がハブ360であることが判明しますが、これは正面玄関から入って目の前の階段を上がった先にあるエレベーターがペントハウスの入り口となっています。

そしてペントハウスに入るとクエストは終了し、クエストが終了することで他の居住地でも追加された家具がクラフトできるようになります。

部屋紹介

Noir Penthouse7

このペントハウスはちょっと特殊というか、明らかに照明の設定が他の居住地とは違いますね。内部は結構広く、最初から作り込まれています。また形としてはダイヤモンドシティのホームと同じく独立した部屋となっていて、洗濯機のある部屋にはワークショップベンチも設置されており、自分で飾り付けをすることもできます。

まぁでもこれだけキッチリ作り込まれているとなると、あえて何もせず、そのまま使った方が良さそうな気もしますね^_^;

Noir Penthouse8

ペントハウスはリビングの他にもキッチンや作業部屋も用意されており、作業部屋ではケミストリーステーション、武器改造台、防具改造台、そしてパワーアーマーステーションも完備されていました。ですのでそれこそ基本的に自分で何か作る必要はない感じです。

Noir Penthouse9

ベッドも豪華で本当にFallout 4の世界なのかって感じ。見ようによってはカボット邸より豪華かもしれないです。ベッドルームの隣にはバスルームもあり、何やらムフフな感じもしますね。パイパーさんを現地妻的な感じで住まわせたいぐらいですな。

Noir Penthouse10

クエストクリアでアンロックされる家具にはベッド、テーブル、ソファ、カーペットといったものはもちろんですがスタンドミラーなんてものもありました。ただ残念ながら鏡を覗き込んでも姿は映らず、あくまで雰囲気アイテムのようです。

場所がハブ360ですのでサバイバルモードで使用するにはちょっと微妙な位置かもしれませんが、独立したゴージャスな部屋が手に入るというのは魅力的であり、かつクラフトできる家具もリッチな感じがあっていいですね。照明が独特なのは好みが分かれそうですが、内容的には面白いアイテムだと思いました。

よろしければ記事のシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。